テーマ:今野晴貴

ブラック企業の存在は一労働者との関わりでなく日本社会の将来を考える上での大問題である

ブラック企業の存在は一労働者との関わりでなく日本社会の将来を考える上での大問題である 文藝春秋発行 今野晴貴著「ブラック企業」245ページ ▼ブラック企業がどう社会悪か ①有能な人材の使い潰し 会社の管理に極度に従順であることだけが求められる。 磨耗の末に選別。酷使し使い捨て。 それは少子化に最後は繋がる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more