テーマ:医療問題

診療に従事する医師は、診察治療の求があつた場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない。

医師法  昭和23・7・30制定 法律201号  第19条  診療に従事する医師は、診察治療の求があつた場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない。 歯科医師法  昭和23・7・30・法律202号   第19条 診療に従事する歯科医師は、診察治療の求があつた場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の医療に未来はあるか…社会保障費より公共事業費が多いのは日本だけ

新米の研修医が診察しても、大学病院で有名教授が診察しても診療報酬は同じ金額である。 日本の医師は米国の医師の8倍の患者を診察し、医療訴訟で訴えられる確率は10分の1である。奇跡に近い精神力で診察しているのである。 ちくま書房発行 鈴木厚著    「日本の医療に未来はあるか」を読んで 昨日は同じ著者の1998年「日本の医療を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薬害事件は何故日本だけに多発するか:何故新任医師は産婦人科を選ばないか…その日本的特長

薬害事件は何故日本だけに多発するか 大規模な薬害を繰り返した日本戦後史の特異事項。 どの薬害事例にも共通項が存在する。 ①医師の処方する薬剤に多く、薬局による市販のものでない。 ②世界からも注目された日本的構造「人災」の側面がある。=主として官庁、医学界、薬学界そして国民の薬への姿勢、三権分立への無理解、マスメデアの監視…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

医師は患者を断れない…医師法第19条応召義務はどうした=奈良で妊婦が救急搬送先探し11病院拒否

医師法  昭和23・7・30制定 法律201号  第19条  診療に従事する医師は、診察治療の求があつた場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない。 歯科医師法  昭和23・7・30・法律202号   第19条 診療に従事する歯科医師は、診察治療の求があつた場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではな…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

患者を取り違えて手術…医療事故は原因を生んだ背景こそ考えるべき 「日本の医療に未来はあるか」を読んで

新米の研修医が診察しても、大学病院で有名教授が診察しても診療報酬は同じ金額である。 日本の医師は米国の医師の8倍の患者を診察し、医療訴訟で訴えられる確率は10分の1である。奇跡に近い精神力で診察しているのである。 ちくま書房発行 鈴木厚著    「日本の医療に未来はあるか」を読んで 昨日は同じ著者の1998年「日本の医療を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more