上場4社で何故2社が平塚か?

国内葬儀業界上場は4社のみ。うち2社は平塚に本社がある。
何故平塚なのか?  それはたまたま平塚に、相馬かね、 竹内 惠司 という志の高い傑出した起業家がお二人いたからである。
葬儀業界は上場=他人の資本を必要としない、にも関わらずあえて上場した4社には他社にない何かがあった、その何かとは正に第三の矢であった。



>;①株式会社サン・ライフ 

1970年12月(創業1933年11月) 1996年11月ジャスダック 上場{サービス4656}
神奈川、都下を地盤に 冠婚葬祭、、介護、ホテル展開、主力は葬儀施行
   

本社  平塚市馬入本町13-11  0463-22-1233


資本金 6億1千万円

代表取締役会長 竹内 惠司 {創業者}
代表取締役社長 比企  武

平成27年2月10日株価 968円

サンライフと言えば竹内 惠司の精神で地域貢献盛ん

株式会社サン・ライフは、2013年8月20日(火)、創業80周年に合わせた社会貢献活動の一環として「80周年記念献血」を実施。

例年血液が不足する8月期に合わせ、ホテルサンライフガーデン(平塚)に献血バスを設置。
献血会場に早変わりした駐車場で、社長からグループ社員まで一丸となり、献血活動に参加した。


サン・ライフグループは、地域社会の活性化を目指し、社会貢献活動を多彩に行ってる。
例えば 馬入のお花畑…お花の種寄付やお休みの椅子寄付など。
ビーチパークで開催されるビーチバレー大会のスポンサーなど。
一番大きなのが本部近くに建つ体育館ひらつかアリーナへのネーミングライツ。

株式会社サン・ライフは平塚市との間で、ひらつかアリーナ(神奈川県 平塚市中堂246-1)のネーミングライツ(愛称命名権)の契約を締結
対象施設 ひらつか アリーナ(平塚市馬入ふれあい公園内・神奈川県平塚市 中堂246-1)
◦アリーナ面積 3,485平方メートル
◦天井高 12.5~21.0m
◦観覧席 固定席796席、車いす席8席、可動席(ロールバックチェア)348席
◦平成23年度利用者数  206,134人

2.名称 「ひらつか サン・ライフアリーナ」

3.愛称の使用期間 平成25年4月1日から5年間


竹内恵司の危惧

家族葬では称える人もいなければ振り返る人もいない、学びのない葬儀になってしまう。
人生の教訓を故人から学び、受け継ぐ決意を固め、感謝とともに大切に送り出す。
残された人の役割は、そうした本来の意義を込めたご葬儀を執り行うことである認識を持って欲しい。
最も重要なのは故人への崇拝と敬意をこめることである。
長い人生を生きた故人は、人生の師であり、師として崇め、最後の交流の場として大切に執り行っていくことを望みます。

鶴蒔靖夫著「自分らしい人生の卒業を望むあなたへ」237ページ
PHP編「お客様に愛される会社」206ページ
湘風社発行 竹内恵司著「母からの贈り物」264ページ



平安レイサービス株式会社

昭和44年9月設立  2002年ジャスダック上場{サービス2344}

冠婚葬祭神奈川首位級、葬祭主力

本社 平塚市桜ケ丘1-35 0463-34-2771

資本金  7億85百万円(14年3月期)

代表取締役社長  相馬 秀行
創業者 相馬かね

平成27年2月10日株価 756円

平安レイサービス株式会社創業者 相馬かね自叙伝「失敗をくり返しつつ」
相馬ひさ恵句集「野薊」 133ページから

大正9年 焼津生まれ
終戦後菓子の仲卸で苦労。朝8時から夜11時まで自転車で売り走る。
昭和35年第一生命保険相互会社勤務。保険セールスは経済顧問を目標に勉強、個人でなく仲間でセールス。
…新生活運動に共鳴、この会社は長くいるところではない、基礎が出来たら独立し自分の会社をつくろう…心からそう思った…

昭和41年 独立 焼津藤枝冠婚葬祭互助会創立=料金適正化と明確化を使命とした

昭和44年 湘南平塚へ進出
昭和48年 株式会社へいあん組織変更 代表取締役就任
…若いとき良く働いた人は定年後も意欲ある、第二の意義ある人生に挑戦してくれた…66歳の者を採用したら若い者の2倍実績を上げたなど高齢者活用をこの頃から取り込む…経営者・社員・家族一丸で湘南進出を支えた。

平成10年 平塚市生きがい事業団初代理事長に就任
…平塚生きがい事業団は公共にありがちな官僚主義を脱し、相馬かねの起業家精神が脈々と流れ、英字新聞にも「受注が超高度成長しつつあり高齢者が生き生きと活躍する奇跡の職場」と紹介された。
近隣他市町村のシルバー人材センターとは全く趣を異なる活動的な異次元世界を呈している。

★母の手の見ゆる甘柿届きけり
★死ぬ時は野薊1本入れて欲し
相馬ひさ恵(かね)



>>;③株式会社ティア
.


設立1997年7月  2006年名証セントレックス上場{サービス2485} 2014年には東京証券取引所市場第一部・名古屋証券取引所市場第一部上場を果たし、葬儀業界の中では全国で2社目の東証一部上場企業となりました

名古屋市地盤 葬儀施行、葬祭会館展開 料金開示サービスに特色  関西制覇し関東進出展開中


代表者代表取締役社長 冨安 徳久

平成27年2月10日現在株価 575円

冨安 徳久社長のお話  平成27年1月30日 日本橋 野村証券本社7階ホールにて   講演後名刺交換の機会も得れた

関東に乗り込む。
アルバイトで葬儀屋で働いた。
友達が時給400円、自分は1,000円だった。
なんと儲かる業界かと世間知らずでも痛感した。
お客さんが涙を流して喜んでいる仕事は他にない。
一生の仕事と思った。
大学入学より葬儀業に身を投じ、アルバイト先に就職。
人の死に分け隔てがあってはならない信念を学ぶ。

あまりに利益優先で生活保護者など貧困層を相手にしない会社方針に反発。
10年修業し30歳過ぎで独立開業、名古屋で株式会社テイア創設。
日本で一番ありがとうと言われる会社スローガンに邁進、ついに38歳の時上場会社に成長。
葬儀業界は上場しない。
儲け大きく十分蓄えることが出来自己資本で十分。
他人の資本は必要ない業界だった。
だから上手い方は一族で運営する。
勿論独立開業後苦闘の連続だった。
余命10年と思い詰め、使命を適正価格に定め業界に旋風を巻き起こした。

名古屋から大阪に出て大成功だった。
今度は関東だ。
今55歳、やるきだ。
社名は感動の涙からTEARとした。

参考図書   かんき出版発行 冨安 徳久著  「さよならのブーケ」 188ページ



>④燦ホールディングス
  

1944年10月2日設立   1994年上場

葬儀最大手 関西の社葬市場での圧倒的シェア
社葬は、会社にとって失敗の許されない大きな行事であり、必然的に会葬者数の多い大規模葬儀となり信用と実績のある業者にしか施行できない。
社葬を戦前から、在阪大手企業の依頼により数多く執り行い、今日に至るまで実績を積み重ねてきた。
現在、関西の社葬に関しては9割を超える圧倒的シェア。
1994年には東京へ進出し、東京の社葬市場での地歩を着実に固めつつある。

本社541-0045 大阪市中央区道修町3-6-1 京阪神不動産 御堂筋ビル
電話番号 06-6208-3331

代表取締役社長 古内 耕太郎

資本金 25億6,815万7千円

平成27年2月10日現在株価  1、775円


古内 耕太郎は語る…

今後はどんな展望を考えていらっしゃいますか」

古内「葬儀だけでなく、生前準備、葬儀後の生活支援にいたるまで、高齢者の日常にお役に立つサービスを展開していこうと考えています。
人生の終末や死別に備えた準備、死亡時、そして死別後の遺族等による生活の再構築の時期のことを「ライフエンディング・ステージ」と言います。
この時期をいかに快適に過ごしていただくか。
本来は、ご家族や地域コミュニティで行うことなのかもしれませんが、ひとり暮らしの高齢者がたくさんいるのが現状です。
そういう方々のコンシェルジュのような存在が必要とされています。
たとえば、電球が切れた時に街の電気屋さんを派遣したり、大掃除を手伝う業者さんを派遣したり。われわれは、どんなに小さなことでも日常で不都合を感じていることを安心して任せられるサービスを行っていこうと思っています」

「葬儀もライフエンディング・ステージの一部と定義すると、ビジネスの幅が広がっていくわけですね。新しい発想ですね」

古内「もともと葬儀屋稼業で親の代からやっているという経営者ではなく、私自身が全く違う業界からきたからこそ、柔軟に物事を考えられるのかもしれませんね」


ゴルフとビジネスに共通点があると感じたことはありますか」

古内「どちらも100点を目指すとリスクが高くなるので、私は70点を目指しています。
100点を目指せばミスもしてしまう。
しかし30点を捨てる勇気を持つことで継続的に成功することができ、結果的にすべてが好転していくと考えています。
今後も、ゴルフ、ビジネスともに『70点主義』をモットーにしていきます」
7年ほど前に始めてベストは79。
ですがアベレージは90台ですね。
平均して80台でプレーできるようになれば、もっとゴルフが楽しくなるのでしょうね。
良いスコアでプレーするために、前日の仕事の疲れを残さないよう睡眠をしっかりとることを心がけています。
またラウンド前にスーパーヴァーム顆粒を飲むことでラウンド中、ラウンド後の疲労感に違いが出る気がするので積極的に飲むようにしているんです」

ゴルフコンペのスポンサーにも…
葬仙いきいき杯 親善グランド・ゴルフ大会」(葬仙主催、新日本海新聞社共催)には700人以上参加があった。



もう1社 福島発の上場葬儀業社を忘れてはいけない

③こころネット株式会社
設立年月日 1971年12月27日  2012年4月ジャスダック上場{サービス6060}

たまのやの葬祭、婚礼、石材会社有する 福島県外展開模索
 1892年(明治25年)の創業以来、冠婚葬祭業を中心に発展してきた「アイトゥアイ・グループ」と、1929年(昭和4年)の創業以来石材業を中心に事業を発展させた「カンノ・グループ」は、2005年11月1日に経営統合し、「こころネットグループ」として新たな活動を開始しました。
 また、2013年4月1日には、冠婚葬祭業の「郡山グランドホテルグループ」と経営統合し、さらなる業容拡大を図りました。

本社 福島県福島市鎌田字舟戸前15-1 TEL:024-573-6556

代 表 者
代表取締役会長 菅野松一  

代表取締役社長 齋藤高紀

資 本 金
5億65万円

平成27年2月10日 株価 917円





制作発信 社会保障・安全衛生コンシェルジェ 特定社会保険労務士 金丸亜紀雄





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

a
2015年11月24日 14:35
平塚に二社もあったんですね

この記事へのトラックバック