退職月の賃金がゼロに…良く働いた社員だっただけに失業手当算定に不利になるのではとの事業主さんの心配

質問
3月末退職する従業員が体調くずし最後の1月間欠勤となった。従って賃金は払ってない。
この場合、離職証明書に記入する6月間の賃金額が最後の1カ月はゼロであり、失業給付の算定に使う賃金日額が不利になってしまうのではないでしょうか。2月まで熱心に良く働いた従業員だけに2月末退職扱いとしてあげたいが…

回答  社会保障相談室43

心配はいりません。最後の体調不良よる欠勤で賃金ゼロ月は賃金日額算定には使いません。9月、10月、11月、12月、1月、2月の6カ月は通常賃金でしたから、その6カ月で計算されます。最後の1カ月は特記事項にゼロの理由を記入してください。離職の日以前の賃金支払い状況に7月分を記載すること。
正確に事実を記載することで不利な扱いは生じません。むしろ2月退職扱いは事実ではなく、事業主配慮かもしれませんが、かえっておかしな事になってしまいます。絶対コンプライアンスは厳守しましょう。


社会保険・労働保険最新情報

①、労働保険料年度更新

労働保険料年度更新資料「賃金等の報告書」をSR経営労務センター(中小事業主の労災特別加入受付事務組合)に提出した。年1回で4月7日しめきりに間に合う。
来年からこの労働保険年度更新受付締め切りは7月10日と変更になる。
社会保険料年1回の算定基礎届け時期に非常に近くなった。社労一括処理の道筋か。
さて、その労働保険年度更新事務が今やまっ盛りだが、SR経営労務センターより事務処理業務応援を依頼された。提出された賃金額報告書を点検しながら入力すると労働保険料が画面で出てくるシステム。その他特別加入申請関係の点検業務も担当。
社保事務所での「ねんきん特別便」応援業務もあるが、新たなSR応援も勉強になる。ねんきん特別便業務はおおむね把握できたこともあり、4月は5日ほど応援、労働保険年度更新事務処理の流れを経験する方針とした。タイムカードを押すのも初めて。横浜馬車道のオフイス環境が魅力でもある。


②、特定社労士試験合格秘策

個別労働関係紛争解決手続の研修と試験が昨年11月行われ、ここでその結果が公表された。個人ごとに枡添厚生労働大臣から合格証が届けられた。
特定社会保険労務士となると即仕事が入るものではないが、正直、挑戦行為の結果にホットしている。ここで個別労働関係紛争解決手続試験突破「傾向と対策実践編」をお送りしたい。

①以前は合格」ライン60点と言われたが今回58点以上合格だった。下がった!

②58点さえ取れば勝ち。だったらどう取るか?

③まず一番易しく点が取りやすい「倫理」を回答。30点あるので25点はとる。

④「Aさんからの依頼は問題がある。何故なら…」という回答文作成訓練を。

⑤「問題はないが望ましくない。何故なら…」回答をきれいな字で書く訓練。

⑥それ以外の問題は70点だが、なんのことはない。だれでも回答出来る。
問題自体に回答も出ているのだ。列記する回答は問題に列記されている。
それは問題の中から回答字句を写すのだけ。速く字を書くことに慣れる。

⑦、一番効果的な勉強対策は時間設定し、回答用紙打ち出しに速く記述する訓練。
自分は問題集を持参し、図書館で記述訓練をした。それも臨場感出すため慣れた平塚ではなくわざわざ大磯図書館で訓練した。 

⑧問題集=河野順一著「特定社会保険労務士試験完全模擬問題集」で十分。九天社発刊、4000円。17問全てが試験以外にも役立つ好教科書だ。平成20年度版が出る。私も間接的に協力しているので宣伝する訳ではないが好著であることは確か。

⑨研修の際議論したケーススタデーを良く見直し解決方法を書けるよう訓練。

⑩70点の回答は全て問題に書かれている。引っこ抜き、整理し、早くきれいに転記する訓練が試験対策。本人の言い分、会社の言い分を転記するのが回答の全て。

⑪整理解雇4条件とか雇い止め基準など暗記したが出題されなかった。

⑫この試験は落とす試験ではなく、開業者に特定になってもらう必要が連合財政上必要だからである。受けるにも受かった後もお金は払う。この動きに協力するのも社労士冥利でもあるか。


ブログランキング
http://jobranking.net/44/ranklink.cgi?id=1346





自由国民社発行「口語民法」に学ぶ

第3章  法人

第83条「清算結了の届出」

清算が結了したときは、清算人はその旨を主務官庁にの届け出なければならない。


労働基準法 労務行政発行「労働基準法:労働法コンメンタール」に学ぶ

第9章   就業規則

第91条「制裁規定の制限」

就業規則で、労働者に対して減給の制裁を定める場合においては、その減給は、1回の額が平均賃金の一日分の半額を超え、総額が一賃金支払期における賃金の総額の10分の1を超えてはならない。

解説

本条の規定に違反した場合は30万円以下の罰金に処せられる。
本条の規定に違反した就業規則は当該規定そのものが無効となる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック