テーマ:今井宗久

今井宗久、津田宗及、千利休は天下の三宗匠、茶の名人であり、堺の商客の徒であった

商客の徒というものは、新しきもの、未知のものに挑みかかる、果敢でみずみずしい心を失ったら、それでおしまいさ、おのが居所にしがみつき、さらなる高みを目指さぬ男など女の目から見ても値打ちあるまい…火阪雅志を読む 7 祥伝社発行平成13年4月10日初版第1刷 火阪雅志著 「覇商の門」 547ページ 野望 彦八郎は空に見上げる…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more