テーマ:箱根

コツコツ工夫し破天荒な奇妙人5人がもたらした箱根の奇跡    「破天荒力」を読んで

発展途上の国々ー中国、旧ソ連、トルコを始め多くの途上国に残念ながら汚職、腐敗が多いのも事実である。 しかし我国の近代化の時代゛明治日本゛には他国に比べ驚くほど腐敗が少なかった。司馬遼太郎氏は「国づくりの過程においてサムライの魂が参入したからにほかならない」と喝破している。近代産業の父と言われる渋沢栄一はその代表的清廉の人であった。 …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more