テーマ:天下の雨敬 明治を拓く…鉄道王 雨宮敬次

日本に活を入れ、伊藤博文が持つべきは友なりと最も信頼した男…雨宮敬次郎

河出書房新書発行 江宮隆之著 「天下の雨敬 明治を拓く…鉄道王 雨宮敬次郎の生涯」  273ページ 雨宮家三女ますえの語りで明治の巨人の物語は始まる 雨宮という傑物の大きさ 大隈重信が雨宮を事業の気宇の大きさから「天下の…雨敬」と言い出した 体も大きかった 体重86キロ、身長182センチ 九段靖国神社の隣に雨宮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more