テーマ:平塚海軍火薬廠

米国軍部は大日本帝国軍都平塚に標準を定めた…本土上陸侵攻作戦の占領拠点に御林跡地を使え

第4幕  米国軍部は大日本帝国軍都平塚に標準を定めた…火薬とロケットを繋げさせるな、本土上陸作戦の拠点に御林を… ◆昭和20年3月10日東京大空襲 ↓投下爆弾 38万1,300発  ◆昭和20年7月16日平塚大空襲 ↓投下爆弾 44万7,716発 平塚市~大野町にかけての広大な土地に海軍火薬廠(現在の横浜ゴム平塚製…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

閣議決定30日後、平塚町長大野村長へ海軍用地に36万坪必要、直ちに買収開始協力せよの通達あり

第3幕  平塚町長、大野村村長 中群役場に呼び出される  晴天の霹靂「海軍省通達」を聞く  八幡芋名産地から軍用火薬製造の地に… 1、国内に火薬製造所設立の閣議決定の1カ月後、明治38年7月5日、平塚町長、大野村村長 中群役場に呼び出される。 海軍省通達「平塚・大野地区の36万坪を国家的一大事業で必要となった。 直ちに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大日本帝国海軍の決死と発展の5日間   閣議の前に平塚に決まっていた海軍火薬製造拠点  

第2幕 大日本帝国海軍の決死と発展の5日間 >①前夜→明治38年5月27日~28日  日露戦争の雌雄を決す日本海海戦でバルチック艦隊は連合艦隊により全滅 東郷平八郎連合艦隊司令長官は、バルチック艦隊は必ず対馬海峡を通過してウラジオストクに向かうと判断し、朝鮮半島南端の鎮海湾に連合艦隊を集結させ、猛訓練を続けながら待ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう一つの閣議決定、こちらはわずか3日間で戦闘用火薬製造大国に…平塚海軍火薬廠設置を徳川家康は絶句

平成26年8月9日、16日 平塚八幡山公園の洋館にて 歴史講座「日本火薬製造株式会社の設立」があった 講師 平塚市博物館元館長  土井浩氏 第1幕 徳川家康、平塚の地に中原御殿造営、御林植え付けと大野村特産八幡芋の誕生 …忍び寄る帝国海軍増強の大波 1、1596年慶長元年、徳川家康、鷹狩りの休泊施設を平塚:中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more