テーマ:黒木亮

あっと驚く結末…箱根駅伝も箱根駅伝小説も最後の最後に想定外の面白さが待っている

講談社発行 黒木亮著「冬の喝采」625ページ 北海道岩見沢市… 二人の男が再会した。実の父親と息子。 この親子二人は共に箱根駅伝を走った。 ともに3区を走り、ともに4年生の時は8区を走り、ともに区間6位、チームはともに総合3位になった。 恐るべき箱根駅伝親子がいた。 父親は明治大学競争部、息子は早稲田大学競争部。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more