テーマ:ベヴァリッジ報告

英国 ベヴァリッジ報告と、日本 笠井信一の済世顧問制度はともに公私協働こそが福祉の出発点と語っている

第1部  月刊社労士 2014年12月号 社会保険労務士総合研究機構レポート  ベヴァリッジ報告 の現代的意義  東北文化学園大学医療福祉学部 森田慎二郎教授著  ベヴァリッジ報告は第二次世界大戦後英国だけでなく日本はじめ諸外国の社会保障政策に大きな影響を与えた。 その歴史的意義ばかりでなく、21世紀の時代、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦いに勝つ最大の武器は社会保障である…英国が日独伊3国同盟に勝利した最高の貢献者はベヴァリッジ報告

第二次世界大戦は1935年始まり1945年終わった。 その渦中の1942年、英国。 1冊の書物を求め書店に長蛇の列が出来ていた。 イラストも写真も入ってない文章だけでぎっしり300頁が埋まっている学術専門書「ベヴァリッジ報告書」は発売と同時に64万部もの大ベストセラーになった。 Beveridge Report 「Social …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more