テーマ:村長ありき:沢内村深沢晟雄

幽霊でもいい、村長さん現れて!   生命尊重の精神今も脈々と、沢内村

幽霊でもいい、村長さん現れて!   生命尊重の精神今も脈々と、沢内村 新潮社発行 及川和男著「村長ありき:沢内村深沢晟雄」437ページ 沢内の子 沢内村は奥羽山脈に周囲を囲まれた高原性盆地の村である。 昭和58年人口は約5000人。宿命の豪雪で極度の貧農。3年に1度は凶作になる。 粗衣粗食に耐える村人の命は短かった…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more