テーマ:笠井信一

英国 ベヴァリッジ報告と、日本 笠井信一の済世顧問制度はともに公私協働こそが福祉の出発点と語っている

第1部  月刊社労士 2014年12月号 社会保険労務士総合研究機構レポート  ベヴァリッジ報告 の現代的意義  東北文化学園大学医療福祉学部 森田慎二郎教授著  ベヴァリッジ報告は第二次世界大戦後英国だけでなく日本はじめ諸外国の社会保障政策に大きな影響を与えた。 その歴史的意義ばかりでなく、21世紀の時代、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道を蘇らせた甜菜栽培       大正を駆けた官選知事笠井信一物語⑤

大正を駆けた官選知事笠井信一物語⑤ 第5話  甜菜栽培への支援編 舞台は北海道 十勝   登場人物  松方正熊、十勝地方の農民、甜菜氏、そして笠井信一 笠井信一は、大正8年(1919)4月から大正10年(1921)5月まで北海道庁長官として勤務した。 当時の北海道、人口は236万人。 過酷な自然条件の中で開拓農業者…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

岡山の母なる川:高梁川の 治水事業に奮闘 大正を駆けた若き官選知事 笠井信一物語④

岡山の治水事業に奮闘  大正の若き官選知事笠井信一物語④ 第4話 笠井堰編    登場人物 岡山の農業者、洪水に苦しめられている周辺住民、笠井信一 笠井信一と岡山 笹井信一は、1864年静岡県富士郡で生まれた。 1892年国家公務員として内務属により山形県参事官、岩手県警務部長、台湾総督府、熊本県、岐阜県書記官…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

90年前、民生委員制度の源「済世顧問制度」を創設  大正を駆けた若き官選知事笠井信一物語③

第3話  民生委員制度創設編 舞台は90年前の岡山県                 登場人物 大正天皇、藤井静一、笠井信一  笠井信一は、大正3年(1914)から大正8年(1919)まで岡山県第10代官選知事として行政任務を遂行した。 舞台は90年前の岡山県であるが、1転まず、90年後2007年東京武道館に移る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釜石製鉄、三陸汽船隆盛の礎:   大正を駆けた若き官選知事笠井信一物語②

第2話 釜石製鉄所、三陸汽船編 舞台は岩手県釜石。登場人物 田中長兵衛、横山久太郎、、笠井信一 明治40年1月から大正2年2月まで笠井信一は官選の岩手県知事であった。 時に笠井信一42歳、異数の大抜擢で岩手の財政再建に当たる。 金田一勝定等岩手の実業家と交流を深めた知事笠井信一は、更に横山久太郎を知る。 鉄は国家なり、正に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩手軽便鉄道創設を彩る宮沢賢治、金田一勝定、笠井信一   大正の若き官選知事笠井信一物語① 

元治元年1864年、今の静岡県富士市に生まれた笠井信一は、江戸、明治、大正、昭和を生きた官僚であり、政治家であった。昭和4年1929年没。 この官選知事の足跡を今日から辿ってみたい。 私は地方行政マンOBとして,中央官僚であるが笠井信一の地域発展に尽力した実績を高く評価している。調査は時間もなくホームページに頼った。いつか時間を掛け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道を蘇らせた甜菜栽培       大正を駆けた官選知事笠井信一物語⑤

大正を駆けた官選知事笠井信一物語⑤ 第5話  甜菜栽培への支援編 舞台は北海道 十勝   登場人物  松方正熊、十勝地方の農民、甜菜氏、そして笠井信一 笠井信一は、大正8年(1919)4月から大正10年(1921)5月まで北海道庁長官として勤務した。 当時の北海道、人口は236万人。 過酷な自然条件の中で開拓農業者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岡山の母なる川:高梁川の 治水事業に奮闘 大正を駆けた若き官選知事 笠井信一物語④

岡山の治水事業に奮闘  大正の若き官選知事笠井信一物語④ 第4話 笠井堰編    登場人物 岡山の農業者、洪水に苦しめられている周辺住民、笠井信一 笠井信一と岡山 笹井信一は、1864年静岡県富士郡で生まれた。 1892年国家公務員として内務属により山形県参事官、岩手県警務部長、台湾総督府、熊本県、岐阜県書記…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

90年前、民生委員制度の源「済世顧問制度」を創設  大正を駆けた若き官選知事笠井信一物語③

第3話  民生委員制度創設編 舞台は90年前の岡山県                 登場人物 大正天皇、藤井静一、笠井信一  笠井信一は、大正3年(1914)から大正8年(1919)まで岡山県第10代官選知事として行政任務を遂行した。 舞台は90年前の岡山県であるが、1転まず、90年後2007年東京武道館に移る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釜石製鉄、三陸汽船隆盛の礎:   大正を駆けた若き官選知事笠井信一物語②

第2話 釜石製鉄所、三陸汽船編 舞台は岩手県釜石。登場人物 田中長兵衛、横山久太郎、、笠井信一 明治40年1月から大正2年2月まで笠井信一は官選の岩手県知事であった。 時に笠井信一42歳、異数の大抜擢で岩手の財政再建に当たる。 金田一勝定等岩手の実業家と交流を深めた知事笠井信一は、更に横山久太郎を知る。 鉄は国家なり、正に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

岩手軽便鉄道創設を彩る宮沢賢治、金田一勝定、笠井信一   大正の若き官選知事笠井信一物語① 

元治元年1864年、今の静岡県富士市に生まれた笠井信一は、江戸、明治、大正、昭和を生きた官僚であり、政治家であった。昭和4年1929年没。 この官選知事の足跡を今日から辿ってみたい。 私は地方行政マンOBとして,中央官僚であるが笠井信一の地域発展に尽力した実績を高く評価している。調査は時間もなくホームページに頼った。いつか時間を掛け…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more