テーマ:蹴上インクライン

1,000年の古都が生き残りに選択した道は、欧米先進国の制度と科学技術だった…鎌倉が見習うべき開化伝

Ⅰ、1868年 東京奠都 慶応4年:明治元年10月13日(1868年11月26日) 明治維新を行った人々は、天皇居住地を京都御所から東京城(直前の江戸城、直後の皇居)へ、時の政府を京都から東京へ遷した。 これを東京奠都と言う。 新政府中枢大久保利通は新政をスタートさせるのに、都の京都は一筋縄でいかない社寺勢力、公家衆、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more