テーマ:社会保障の失意と希望

皆年金:皆保険制度は戦後極貧の中、始めてしまって必要なお金をどう捻出するか後から考えた

創世記 皆年金:皆保険制度は、戦後極貧の中、始めてしまって、その後必要なお金をどう捻出するか考えた。 1000万人が飢え死にするかもしれない。 まずやってみた。 死に物狂いでやりくりすれば何とかなる。 燎原の火のごとき社会保障制度を創出する動きがあった。 終戦後としばらくの間、日本にも本物の民主主義、福祉国家をつくるエネ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

お金がないから…でなく、まず始めてみた終戦直後に立ち返れ  「社会保障の失意と希望」を読んで  

創世記 皆年金:皆保険制度は、戦後極貧の中、始めてしまって、その後必要なお金をどう捻出するか考えた。1000万人が飢え死にするかもしれない。まずやってみた。死に物狂いでやりくりすれば何とかなる。燎原の火のごとき社会保障制度を創出する動きがあった。 終戦後としばらくの間、日本にも本物の民主主義、福祉国家をつくるエネルギーの片鱗があ…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more