テーマ:健康保険制度

式年遷宮の教え=20年に一度、人生:技術上の必要性から区切りの再生をする

式年遷宮の教え=20年に一度、人生:技術上の必要性から区切りの再生をする 式年遷宮 千数百年に亘り変わらぬ日本文化を伝える三重県伊勢市の伊勢神宮は、20年ごとに天皇陛下の大御心を受け式年遷宮を執り行なう。 伊勢神宮の御社殿を建て替え、御装束、御神宝も新しくして、大神様に新社殿にお遷りを願う祭りです。 なぜ20年 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんなにいっぱい!こんなに重要!今日も紙面を埋め尽くす命と暮らしを守る社会保険・労働保険情報  

今朝の(平成19年12月12日付け)朝日新聞)に見る社会保険・労働保険関連。 こんなにいっぱい、こんなに重要、命と暮らしを守る社会保険・労働保険情報紹介。 1面 診療報酬引き上げ  8年ぶり   3面 年金名寄せ 見えぬ着地  1975万件難航  厚労相反省と言い訳 11面 政管健保 肩代わり合意 与党、継続は別途検…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

年金・医療・失業・労災ブログ発信200日達成記念に一挙情報提供

ヒットいただきありがとうございます。おかげで年金・医療・失業・労災ブログは、5月18日開始から一日も欠かさず発信し、ついに200日になりました。これからも暮らしと命を守る大切なテーマに向かい有益な情報を発信してまいります。 年金・医療・失業・労災ブログ200日達成記念に一挙公開 年金・医療・失業・労災ブログ:目次 検索…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

堀文子画伯のホルトの木で締めた大磯町高齢者教室での講演「年金と60歳以降の医療制度を学ぶ」

9月27日(木)午後2時から3時30分まで、大磯町国府支所2階会議室を会場に高齢者教室が開催された。「年金と60歳以降の医療保険」がテーマでこの日が最終回。なんと講師のアンカーが私に回って来て、どうにか努め終えた。 大磯町教育委員会主催(担当は生涯学習課)、町老人クラブ連合会が後援。 「健康で生き生きと、心豊かな生活をおくるため…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

舛添厚労相の驚くべき自民勝手…法律改正は憲法の理念に則り国民の幸せの為or自民の票の為

朝日新聞平成19年9月28日11面 高齢者医療費増凍結  10月中結論 記事 来年4月に予定されている後期高齢者医療制度による国民の負う一部負担増について、舛添厚労相は28日にも与党プロジェクトチームを発足させ凍結案を具体的にまとめることで谷垣自民党政調会長と一致した。 自治体の準備期間を考えると10月中に決めないといけないと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

格差拡大に見事に適応…健康保険法の保険料改正が証明する個人収入の格差拡大

質問 健康保険の標準報酬幅がだいぶ改正されたようです。また賞与の保険料限度額が変わったそうですが、事業主として実務上の対応でどう注意すれば良いでしょうか? 回答   社会保障相談室25 保険料を算定する対象である標準報酬等級表の上限、下限が拡大されました。39級から47級までになりました。 ですから貴社のこの上限下限…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病院に支払う一部負担金や医療費そのものの支払いが心配…社会保障相談室⑱

質問 病院に支払う一部負担金や医療費そのものの支払いが心配です。概略教えてください。 回答…社会保障相談室⑱ 病院にかかるときの不安は大きいものです。肉体の病気に対する精神的不安、それに医療費とその後の生活費への物質的不安でしょう。 病院の駐車場管理業務に就いていたシルバーさんから、良く病院の見舞いに行って帰りの女性…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

入院するが費用が心配…入院食事療養費自己負担増の全貌         社会保障相談室⑮

質問 66歳の夫が入院します。63歳までずっと会社に勤務して病気一つしませんでした。 それで入院したらどの位費用がかかるか分かりません。夫の病気は慢性のもので、今は国民健康保険です。保険の方もどうなっているのでしょうか。 回答                           社会保障相談室⑮ 1、保険について?  …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ノイローゼに悩む方たちが互いに助け合う会も…「医療費に強くなる本」を読んで

健友館発行 谷みゆき:太田禎司著  「医療福祉110番:医療費に強くなる本」 文芸社発行 近藤隆著 「病気になったらどうすればいいの」を読んで 昨日まで医師の書かれた医療に関する提言書2冊を紹介したが、今回は実際の医療相談の現場を踏んで来た方の苦労、経験からまとめられた医療費ノウハウものを紹介します。 著者の谷むゆき氏は病院や…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

患者を取り違えて手術…医療事故は原因を生んだ背景こそ考えるべき 「日本の医療に未来はあるか」を読んで

新米の研修医が診察しても、大学病院で有名教授が診察しても診療報酬は同じ金額である。 日本の医師は米国の医師の8倍の患者を診察し、医療訴訟で訴えられる確率は10分の1である。奇跡に近い精神力で診察しているのである。 ちくま書房発行 鈴木厚著    「日本の医療に未来はあるか」を読んで 昨日は同じ著者の1998年「日本の医療を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3時間待ち3分診療はだれが作った……「日本の医療を問い直す」ー医師からの提言を読んで

日本の医療は行政に管理され、3時間待ち、3分治療の現場を余儀なくされるのは医師も患者も同じである。 患者と医師の関係は父権温情主義であり、患者が主役に来るべきである。 ちくま書房発行 鈴木厚著 「日本の医療を問いなおす」を読んで 第1章 日本の医療は高いのか 医療費が高い、危機的状況と政府は宣伝している。この世論誘導…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医者への謝礼には3種類ある、オペ1回100万円も…「医者と謝礼のいま」を読んで

医者への個人的謝礼には3種類ある。 1、挨拶代わりの謝礼 2、医学的処置:手術への謝礼 3、退院時謝礼 光文社発行  冨塚 孝著 「医者と謝礼のいま」を読んで 正直に言いますがブックオフで105円で購入した本です。10冊で1,000円、だから100円ショップで文房具や日常品を探検して思わずめずらしい品を発見する面白さと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

高額医療費に強力な救いの手  高額療養費受領委託払制度について 社会保険ミニミニ情報⑥

第6回、 高額医療費に強力な救いの手  高額療養費受領委託払制度について 重い病気などで病院等に長期入院したり、治療が長引く場合には、医療費の自己負担額が高額となります。 そのため家計の負担を軽減できるように、政令で定められた一定の金額(自己負担限度額)を超えた部分が払い戻される高額療養費制度があります。 この高額療養費制…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

厳しくなった医療保険制度にこんな防衛も。…知っておきたい社会保険ミニミニ情報

年金、医療 厳しい時代に知っておきたい社会保険ミニミニ情報 第1回、厳しくなった医療保険制度にこんな防衛も。 医療制度改革法が6月14日成立した。毎年ほぼ1兆円のペースで伸び続ける医療費の抑制が理由。70歳から74歳の方は08年4月から現行1割負担が2割負担になる。また08年には75歳以上対象に新たな高齢者医療制度が創設され…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more