テーマ:国民年金法第14条の2

年金騒動の発火点はここ…50年遅れの年金法改正「情報の提供」新設…オレンジの手紙がようやく届く

国民年金法及び厚生年金保険法が平成20年4月改正される。 同じ08年改正「厚生年年金の第3号被保険者の離婚分割制度導入」などは世間の注目を浴びているが、国民年金法第14条の2、厚生年金保険法第31条の2として新設される「被保険者に対する情報の提供」については、残念なことに余り世に知らしめられていない。 年金記録騒動の発火点はこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年金をいらないと申し出れば,年金を全額支給停止しますという改正が平成19年4月行われた。

平成19年4月、国民年金法:厚生年金保険法でそれぞれ以下の改正が行われた。 国民年金法改正  平成19年4月施行 (受給権者の申出による支給停止) 第20条の2  年金給付(この法律の他の規定又は他の法令の規定によりその全額につき支給を停止されている年金給付を除く。)は、その受給権者の申出により、その全額の支給を停止する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more