テーマ:瑞渓院殿

絢爛たる北条の女たち第七話 氏康を35年間支え続けた正室瑞渓院殿

絢爛たる北条の女たち第七話 氏康を35年間支え続けた正室瑞渓院殿 北条氏康は、1535年正室となる瑞渓院(ずいけいいん)を小田原城に迎えた。 瑞渓院の父は駿河国領主今川氏親、母は京都の公卿中御門大納言宣胤の息女で、氏親の正室寿桂尼 今川義元は、夫人の実弟。 駿河相模=駿相同盟の証でもあった。 35年間氏康を助け、1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more