テーマ:地方記者の原稿録

福島、浜通り海岸にこよなく人を恋うる郷土芸能あり「いわき じゃんがら念仏踊り」こそ復興の支えに

湘南ジャーナル発行 朝日新聞地方部記者金丸日出一の「地方記者の原稿録」115ページから抜粋 朝日新聞昭和29年8月浜通り版 第5回 じゃんがら念仏踊りコンクール じゃんがら念仏踊りコンクールが8月9日夜6時半から市内大通り公園で開かれた。 21組300余名が参加。 ヤグラ舞台を取り巻く観衆は約1万人の人手、かってない…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

年金・医療・失業・労災困ったときの助かるブログ600回達成記念   第8部 地方記者の原稿録編

年金・医療・失業・労災困ったときの助かるブログ発信600回達成記念 第8部、地方記者の原稿録編 本ブログは以下の8部門に整理し、困ったときのお役に立てるよう発信し続けています。 ①年金{公的年金、企業年金、個人年金} ②医療、介護、健康保険 ③雇用、労災、起業、経営、労務管理 ④社会一般、やりく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逞しかった常磐炭鉱の町…ヤマの喜びと悲しみの幾年月

地方記者の原稿録10 地方記者の原稿録」シリーズは、一朝日新聞地方記者が、送稿続けた戦前:戦中:戦後の地方発ニュ-ス原稿を今あらためて読み直し、平和を願い平和を壊され、しかし確実に生きていく地方の市民生活の一コマを少しでも窺うことが出来ればと発信するものです。 6 昭和28年5月~33年7月  福島県平通信局時代  石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂下門で偲ぶ皇妹和宮降嫁を進めた磐城平藩主安藤信正物語と平城維新秘話

地方記者の原稿録8 地方記者の原稿録」シリーズは、一朝日新聞地方記者が、送稿続けた戦前:戦中:戦後の地方発ニュ-ス原稿を今あらためて読み直し、平和を願い平和を壊され、しかし確実に生きていく地方の市民生活の一コマを少しでも窺うことが出来ればと発信するものです。 6 昭和28年5月~33年7月  福島県平通信局時代  昭和31…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これぞ地方自治, 国民年金制度発足前に地域で発足させた年金制度

これぞ地方自治 昭和36年 国民年金制度発足前に、こんな地域の年金制度も 地方記者の原稿録7 地方記者の原稿録」シリーズは、一朝日新聞地方記者が、送稿続けた戦前:戦中:戦後の地方発ニュ-ス原稿を今あらためて読み直し、平和を願い平和を壊され、しかし確実に生きていく地方の市民生活の一コマを少しでも窺うことが出来ればと発信するも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海難と炭鉱…連続する事故…海とやまの町いわき平の昭和20年末期から30年初期…地方記者の原稿録6

地方記者の原稿録」シリーズは、一朝日新聞地方記者が、送稿続けた戦前:戦中:戦後の地方発ニュ-ス原稿を今あらためて読み直し、平和を願い平和を壊され、しかし確実に生きていく地方の市民生活の一コマを少しでも窺うことが出来ればと発信するものです。 6 昭和28年5月~33年7月  福島県平通信局時代  平市 人口4万5千人であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国内初のジェット旅客機もくせい号消息絶つ…昭和27年4月、静岡県内通信網に異様な緊張走る

地方記者の原稿録」シリーズは、一朝日新聞地方記者が、送稿続けた戦前:戦中:戦後の地方発ニュ-ス原稿を今あらためて読み直し、平和を願い平和を壊され、しかし確実に生きていく地方の市民生活の一コマを少しでも窺うことが出来ればと発信するものです。 5、、昭和26年8月~28年4月 静岡県三島信部時代  昭和27年4月9日、羽田発…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

音江村8人惨殺事件鑑定、鋭く対立した法医学教室、白の古畑東大教授陣対黒の北大沼田教授陣

音江村8人惨殺事件鑑定、鋭く対立した法医学教室、白の古畑東大教授陣対黒の北大沼田教授陣  地方記者の原稿録」シリーズは、一朝日新聞地方記者が、送稿続けた戦前:戦中:戦後の地方発ニュ-ス原稿を今あらためて読み直し、平和を願い平和を壊され、しかし確実に生きていく地方の市民生活の一コマを少しでも窺うことが出来ればと発信するものです。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

日本最低気温記録の町で起った血も凍る銀行支店長一家惨殺事件:昭和25年4月2日、北海道美深町は震えた

地方記者の原稿録」シリーズは、一朝日新聞地方記者が、送稿続けた戦前:戦中:戦後の地方発ニュ-ス原稿を今あらためて読み直し、平和を願い平和を壊され、しかし確実に生きていく地方の市民生活の一コマを少しでも窺うことが出来ればと発信するものです。 4、、昭和22年6月~26年8月 北海道旭川通信部時代  昭和25年4月2日 旭川警察…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終戦:千島列島から脱出。ソ連軍は?  地方記者の原稿録「釧路編」

「地方記者の原稿録」シリーズは、一朝日新聞地方記者が、送稿続けた戦前:戦中:戦後の地方発ニュ-ス原稿を今あらためて読み直し、平和を願い平和を壊され、しかし確実に生きていく地方の市民生活の一コマを少しでも窺うことが出来ればと発信するものです。 3、、昭和19年6月~22年5月 北海道釧路通信部時代  第25話 歯舞列島から4千…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔国立公園:今世界遺産…平和が蝕まれる町と平和にボケていく町と…

地方記者の原稿録」シリーズは、一朝日新聞地方記者が、送稿続けた戦前:戦中:戦後の地方発ニュ-ス原稿を今あらためて読み直し、平和を願い平和を壊され、しかし確実に生きていく地方の市民生活の一コマを少しでも窺うことが出来ればと発信するものです。 2、昭和16年3月~19年5月 埼玉県秩父通信部時代  第10話 昭和16年6月 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

米軍日本を初空襲、第一目標は中島飛行機のエンジンだった…地方記者の原稿録⑧⑨

「地方記者の原稿録」シリーズは、一朝日新聞地方記者が、送稿続けた戦前:戦中:戦後の地方発ニュ-ス原稿を今あらためて読み直し、平和を願い平和を壊され、しかし確実に生きていく地方の市民生活の一コマを少しでも窺うことが出来ればと発信するものです。 1、昭和11年~16年 群馬県太田通信部時代  第8話 昭和12年  中島自慢の…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more