テーマ:太田静子

下曽我が強くした母娘の詩物語

静子、治子、太宰の物語を生んだ下曽我のまち 太宰治作「斜陽」のモデル、太田静子は曽我に住んでいた。 文学少女だった静子は太宰によく文章を読んでもらったりしていた。 静子は下曽我の雄山荘に一人暮らしをしていたが、太宰は新しい作品の素材にするため静子の日記を見たいと言い出し・・・静子は「下曽我に来たら見せてあげる」と告げる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more