ナイチンゲールスピリットで行こう、看護の心、3つの挑戦3つの奇跡

今日が心配、明日が心配…
そういう時に人は先を照らす確かな灯が欲しい
看護はその灯になれる
看護は思いやりの心から始まった仕事だから…

志をもって看護に道に入る人たちは皆心に灯を持っている


太陽出版発行 高階恵美子著 「ナイチンゲールスピリットで行こう」  191ページ



…三つの奇跡と三つの挑戦…
この本は、思いやりの心の灯を掲げ看護の王道を極めつつ社会保障改革目指し圧倒的な勢いで前に突き進んでいる一人の人間の成長物語である。
実践と理論と政策を学びながら人々を元気付ける…まるでフローレンス・ナイチンゲールのように。

第一の奇跡 

先天性股関節脱臼による肢体不自由のハンデから養護学級へ
徒競走ではスタートラインに立たしても貰えなかった
幼くして兄を亡くしていた
私は兄の分まで生きる、命を大切に、しっかり歩けるまで我慢だ
養護学級は元気だった、寒いとき普通学級の生徒はおとなしく室内で勉強
養護学級の私たちは外で乾布摩擦イチニッサン〃
第一の奇跡が起こった 中学生になると運動しても良いと言われた、体操部に入った
中学3年生で学校代表の健康優良児として表彰された  私が健康優良児に…

1976年
中新田町立中新田小学校 卒業
1979年
中新田町立中新田中学校 卒業

そして第二の奇跡
12歳、中学2年昔なら元服の年
祖母が大怪我、医院に行くも医師は不在、途方に暮れていたところ看護師さんが「どんな具合?見ましょうね」との声をかけてくれた。この一言が少女の運命を変えた。
…世の中に人の気持ちをこんなにも楽にさせる仕事があるのだ!…
学校側も家族も普通科へ行った方が良いのではとの意見だったがもう気持ちは変わらなかった。
古川女子高校の衛生看護科に入れば卒業時には准看護師資格試験を受けれる。
自分は守られている、大丈夫だと思えるような社会づくりに貢献するのだ。
思いやりの心の実践、弱った人の灯になろう、看護のプロになる…12歳の春、一人の少女の誓い。

1982年
古川女子高等学校衛生看護科 卒業
1984年
埼玉県立衛生短期大学 卒業
1985年
埼玉県立衛生短期大学専攻科 修了

勉強も実践も、短大へ、保健師の勉強。急性期病院へ就職。外科でがん患者のケアーを。

いよいよ第三の奇跡が

昭和61年 4月 宮城県庁入庁 地方公務員へ。
保健所の保健婦に。専門領域は地域保健婦を実践確立

地域と一体となり活動する保健婦 市の保健婦も県の保健婦も毎日が地域の1軒1軒とのお付き合い。
これが命を続けるお付き合いなのだ。
保健所を地域のセンターに、リハビリルームに改造しよう。
支所あげての大改造作戦。立派なセンターが立ち上がった。
患者仲間や立ち寄る高齢者もあった。地域に開かれた保健所は人を呼んだ。
様々な地域パワーが協力体制☛まさに地域の健康力が実践されることに。
患者会や家族会の体験発表会:意見交換会の場で=合同文化祭=昭和62年歌の「人生(いのち)」CDを作成  費用も地域の仲間たちが作った。
宮城の中新田町バッハホールで発表した。地域の仕事も年齢も違うボランテア仲間のバンドが演奏。

たとえけわしい道でも 明日を生きてゆける勇気を知りました
あなたのほほえみとの出会いで
ありがとう ありがとう
いまこのよろこびを
大空みつめて さあ あるきはじめよう

人生(いのち) 作詞作曲 高階恵美子 

第一の挑戦  学び直して…県からいざ国へ

東京医科歯科大学入学 保健衛生学科地域看護学を学ぶ
平成 5年 3月 東京医科歯科大学医学部保健衛生学科卒業
平成 7年 3月 東京医科歯科大学大学院医学系研究科博士課程前期修了
平成 9年 3月 東京医科歯科大学大学院医学系研究科博士課程後期中退

国立大学で初めて医学部に保健衛生学科を設置し看護学博士課程を学ばせるという国家プロジェクト第1号モデル校だった。
白衣から社会保障の実践プロへの道に挑戦
卒業後助手に、講師、1997年4月東京医科歯科大学医学部文部教官


時代は超高齢社会へ突き進んでいた…医療、福祉、介護、保健の大変革が必要だった
2000年平成12年8月厚生省に出向  霞が関に国立大学の女性教官が乗り込み行政官に
看護系技官は超少数派  大臣官房厚生科学科勤務 科学技術調整官に

取り組み① 地域保健婦の増員計画公務員2割削減の行政改革真っただ中
保健指導が医療費の削減に寄与するデータ駆使し難問打破 増員勝ち取る

取り組み②新しい看護配置計画臨床の経験生かし実態に合った看護実質配置の考え方提案し入院基本料基準に実質配置が導入認められる

取り組み③  職員の健康管理も  一人として欠かせない綱渡りの厚生省職員のチームワーク、大事なのはこの方々の健康管理、彼女はお給仕係に  温かいスープや新鮮ビタミン豊富な野菜サラダを提供  

第二の挑戦   平成20年 国への奉仕

8年後厚生省の仕事に区切りを付け2008年6月社団法人日本看護協会常任理事に就任
平成21年 6月 一般社団法人日本食品安全支援機構会長

2010年 看護協会看護連盟の組織候補だった南野知恵子の後任として、7月に第22回参議院議員通常選挙比例区に自民党候補者として出馬 当選。参議院議員に。

平成22年10月 自民党女性局長代理、自民党厚生関係団体委員会副委員長、自民党厚生労働部会副部会長
平成23年11月 自民党労働関係団体委員会副委員長
平成24年10月 参議院東日本大震災復興特別委員会理事、参議院自民党副幹事長
平成25年 5月 参議院厚生労働委員会理事
平成25年10月 自民党厚生労働部会部会長代理、参議院自民党国会対策委員会副委員長、
平成25年11月 自民党女性活力特別委員会副委員長

平成26年 9月 厚生労働大臣政務官
2014年12月厚生労働大臣政務官再任

2015年10月自民党女性局長
2017年9月参議院文教科学委員長

2018年10月厚生労働副大臣

日本看護協会 

保健師・助産師・看護師・准看護師の看護職能団体である。
2013年(平成25年)度の会員数は約68万人

日本看護協会に関連する政治団体として、日本看護連盟(看護連盟)がある。
看護協会は政策提言活動、看護連盟は政治活動と分担しながら共同して活動するとしている。


第三の挑戦=期待編

まず厚生労働大臣就任
そしていよいよ来るぞ日本のナイチンゲールが…女性初の内閣総理大臣に…
日本中に思いやりの心の灯を照らしてくれる日が…

本書183ページに看護職は自らの人生のオーナーたるべき、ベストは一国一城の主にと記している。
高い水準の看護技術を社会へ還元する。

骨太い志、心意気が記載されている。
現場で活動し現場を科学すること、それを政策化することの大事さを理解している、豊かな実績が示す確かな歩み、この看護師は一代の傑物であり本物と確信している。

5月12日は看護の日。
思いやりの日である。
高階総理が誕生し、その思い・手腕を思う存分発揮し日本のナイチンゲールになる日が来て欲しい。

ナイチンゲールの言葉
天使とは、美しい花をまき散らす者でなく、苦悩する者のために戦う者である。




制作発信  金丸亜紀雄







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック