広島襲う豪雨、土石流は同じでも…昭和の紅葉谷川復旧のすごさに学ぶ

第1部 昭和20年9月、敗戦の混乱から必死で立ち上がりつつあった広島を今度は枕崎台風が襲った.

枕崎台風
室戸台風、伊勢湾台風と並んで昭和の三大台風のひとつに数えられる。
最低気圧 916.1 hPa(9月17日14時40分・枕崎)
17日の14時35分ごろ九州南部に当たる枕崎付近に上陸,九州を横断,佐田岬,伊予灘,広島を襲い,米子,松江を荒らして18日朝,能登半島の西側から日本海に抜け,新潟の北から東北地方へ再上陸して太平洋に抜けた。
雨の最も強かったのは17日21時7分から22時7分まで57.1ミリメートルである。
特に被害のひどかった呉地方では,この台風によって16日9時ごろより降り始め,16時ごろ本格的な降り方となり風が相当強くなってきた。
17日早暁,雨は依然として降り続いていたが,風は全然なくなった。10時ごろ,また風が出はじめ,午後になり雨と風とともに強さを増し,18時より22時に至る4時間の雨量は113.3ミリメートルに達した。
広島県内の市町の被害は,死者行方不明者2,558人,負傷者1,054人,家屋の全壊2,127戸,半壊3,375戸,流出家屋1,330戸と記録されている。
なかでも,呉と大野町・宮島町(両町とも現在は廿日市市)の被害は甚大なものだった。

大野町では,枕崎台風に伴う豪雨により,町内を流れる丸石川で大規模な土石流が発生し,大野陸軍病院を直撃し、病院の職員と患者156人の命が奪われました。大きな山崩れが50箇所あまりで発生し,最終的な犠牲者の数は200人にも及んだ。
 
宮島町では,この豪雨により,紅葉谷川が土石流を起こし,濁流と化した土砂は厳島神社を直撃し,平舞台,回廊等が破壊され,神社の床下は18,000m3もの土砂で埋め尽くされ,国宝・重要文化財厳島神社は見るも無残な姿に変えられてしまった。

広島県下の犠牲の半数以上は呉市でした。
呉市民の間には、「戦争で火攻めにあい、今度は水攻めにあった。
正月頃には食攻めにあって餓死するだろう。
何故、天はこうまで我々を苦しめ抜かねばならぬのだろうか」という悲痛な叫びが聞かれた。

この災害の原因は、戦争による治山治水事業の放置と、防災機関による台風情報の欠如と結論付けられている。
原爆直後の広島の天気図が空白(気象情報が皆無に近かった)であったのだ。
県下では、8月末からまるで梅雨のような雨が降り続いていた。
そして「情報の早期伝達」という現代砂防に通じる基本が放置されていた。
参考資料=柳田邦男著空白の天気図


第2部 宮島紅葉谷川災害復旧の真実=紅葉谷川[庭園砂防}という名称を全国初で使用す。

紅葉谷川の災害復旧工事は,昭和23年から25年にかけて「史跡名勝厳島災害復旧事業」として広島県が取り組み,地元はもちろん建設省,文部省,GHQ等の協力により実施されました。

宮島:厳島神社:紅葉谷川一帯の神秘性、荘厳さに打たれその存在意義、価値を認識していたGHQ幹部は惨状を目にし、建設省河川当局に命じた。
…復旧工事は、徹底的に史蹟名勝である宮島の環境にふさわしいように,巨石を庭園風に組み合わせた全国でも類のない,渓流砂防工事による岩石公園に修復するようにとのことであった。

整備にあたってGHQに指示は細かく,土石流により発生した巨石や中小石を自然のまま活かすとともに,造園の専門家や地元の意見も極力尊重して,見る側の立場にも重点を置いたものであった。

昭和23年「特別名勝厳島災害復旧工事」がスタ-ト。
国、県、町、学識経験者らにより構成された「名勝厳島災害復旧委貝会」が発足、彼らの声を反映させた 「岩石公園築造趣意書」が作成された。

名勝厳島災害復旧委貝会

委員長   地元県会議員       中津井異
副委員長 県会文教委員長     土井弘
副委員長 宮上町長         宮郷忠兵衛
常任委員  教育長           梶川裕
常任委員  土木部長         飯田一貫
常任委員  厳島神社宮司      野坂元定
常任委員  宮島町土木委員長   岩村平助

委員  文化財保護委員会保存部長 犬丸秀雄
委員  農学博士             吉永寿信
委員  文理大教授            堀川芳雄
委員  文理大教授            今村外治
委員  宮島町町会議長         山中忠
委員  文学博士              佐伯好郎
顧問  代議士               松本瀧蔵(岸首相の懐刀、野球とフットボール両殿堂入りの特筆人材)
顧問  代議士                山本久雄
顧問  県会議長              槽山袖四郎

岩石公園築造趣意書


1.巨石、大小の石材は絶対に傷つけず、また割らない。野面のまま使用する。
2.樹木は切らない。
3.コンクリ-トの面は眼にふれないよう野面石で包む。
4.石材は他地方より運び入れない。現地にあるものを使用する。
5.庭園師に仕事をしてもらう。石屋さんもノミと玄翁は使わない。


趣意書の主旨を忠実に守り、工事は進められた。
紅葉谷は資材を運びこむのが大変難しい地形で、頼れるのは人の力のみだった。
石は割らずに「かぐらさん」で移動し、慣れないので時間もかかり、てこずった。
石の選別、配置などは庭園師の技術に負うところが大きかった。
中流部は最も庭園砂防の特性を表している箇所で、紅葉橋付近は巨大な岩石や野面石をそのまま生かした美しい庭園を形造っている。

史蹟名勝の砂防工事を施工するに当たり、史蹟名勝にふさわしい工事を実施しなければならない。
また、治水上適切に処理をするよう同時に期さなければならない。
これらの点に、現場担当者は非常な苦心をしたのである。

史蹟名勝らしくすることと、治水上の要求を一致させようと努力したわけである。
床止工、堰堤工は巨石をそのまま使用して施工するため、岩租や岩の配置などに工夫を凝らせている。
そのため、日光、鎌倉、京都、長野、九州等の関連場所を見学し参考としたところが多かった。
また、中央から学識経験者を招いて、その教えを請うなどして、やっと一応の形を整えることができたものである。
本工三脚こおいて、以上の野面石の護岸、岩組に似せた床国や乱積の堰堤等の工法で流路工を施工し、史蹟名勝地の景観と治水砂防上の目的との両立を図るよう細心の注意をはらったことに大きな意味がある。


21世紀の砂防事業は安全性の高さはもちろん、地域の人々と自然のふれあい、さらに快適な生活や環境まで考えたトータルな展開が望まれている。
この紅葉谷川の庭園砂防工事は、戦後の最も貧窮の時代に行われたもので、今日のように環境整備が重視されている時代ではなかった。
それだけに工事に携わった人たちの熱い鼓動を感じる。

庭園砂防を視察したウィーン大学の砂防専門家アウリッキー教授は感動し、「自然と人問の英知による工学的技法と見事な調和を見る思いがする」と語った。

制作発信  金丸亜紀雄


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック