絹が鬼怒となり水の都を襲った…川と海の町水海道の水害と治水

画像

水の街水海道…東に小貝川、市中央に鬼怒川が流れる。
鬼怒川の水は尽きるとも、その富は尽くることなし」と称されるよう、鬼怒川の河川水運によって周辺地域の中核都市として発展した市中心部にある五木宗のレンガ蔵や鍵屋河岸倉庫などの建築物に周辺地域の中核都市であった名残を見ることができる。

東京都心から鉄道や高速道路などを利用して1時間弱とアクセスしやすく、緑や歴史的建築物などが多いため、映画やドラマを中心としたロケ地として利用されることが多い。
海抜平均10mから20mの平坦な土地が広がる。この鬼怒川を境に東部地域には市役所と水海道駅、石下駅を中心とする市街地や水田、西部地域には水田、畑、森林、工業団地などが広がっている。



1、水海道の東に暴れ川小貝川あり

洪水をおこす「暴れ川」として知られる。
古くは小飼川、蚕養川と表記されており、流域に貝塚があることから「小貝がたくさん採れる川」で転移したと考えられている。
前井川、幸田川の別名を持つ。
バス釣りのポイントとしても有名で、釣り雑誌などでよく取り上げられる。
下流はかつて下総国と常陸国(廃藩置県後の千葉県と茨城県。後に千葉県の利根川以北は茨城県に編入)の境となっていた。
江戸時代初期の寛永期までは、現在のつくばみらい市寺畑(旧・谷和原村)付近で鬼怒川に合流していたが、徳川家康の命による利根川を渡良瀬川水系や・鬼怒川水系とつなぐ瀬替えの工事の一つとして、茨城県守谷市の丘陵に鬼怒川の河道を開削することにより、小貝川と鬼怒川の利根川への合流点が分けられた。

2、水海道の真ん中を貫く鬼怒川

鬼怒川(きぬがわ)は、関東平野を北から南へと流れ利根川に合流する一級河川である。
全長176.7kmで、利根川の支流の中で最も長い。


江戸時代の古地図にも「衣川」とあり、明治時代に編纂された日本地誌提要では「絹川」とされているが、下野國誌には「衣川」とあり、かつては「きぬがわ」が「衣川」「絹川」と書かれていたことが判る。
「鬼怒川」という表記は明治政府が編纂した古事類苑に見られ、これが「鬼怒川」の初出である。
「鬼怒川」の表記は、暴れ川である「鬼が怒る川」から「鬼怒川」となった、などと云われるが、「鬼怒」は明治期以降の当て字である。

古代以来、「きぬがわ」には、好天時の穏やかで絹・衣の様な鬼怒川水系の豊富で上質な水は栃木県の県都宇都宮市ほか諸都市の水源となっており、上水、灌漑用水として利用され、市民の都市生活および流域の米産やほか農業や工業にも広く利用されている。
宇都宮市で盛んな飲料製造業は鬼怒川の清水に拠るものである。
江戸時代以前、鬼怒川は香取海に注ぐ大河であったが、徳川家康の利根川東遷事業によりもともと江戸湾に注いでいた利根川が東遷され鬼怒川に近い流路に付け替えられたうえで、鬼怒川は利根川に注ぐ河川とされた。

また、近代になって鬼怒川の文字が当てられるようになったが、江戸時代までは毛野国(栃木・群馬の旧国名)を流れる「毛野河」あるいは穏やかな流れを意味する「衣川」「絹川」と書かれた多雨期に増水する鬼怒川の豊富な水量を別つため、放水路と用水路の役割を有する西鬼怒川に分流される。

西鬼怒川は佐貫頭首工および逆木サイフォンで取水され根川用水・西鬼怒発電所を経て西鬼怒川となり、御用川を分流し、白沢河原を経て宇都宮市岡本と高根沢町宝積寺の境界部で鬼怒川本流に合流する。

3、海もすぐそばに迫っていた水海道

縄文初期、利根川は海だった。
海進と海退が何度か繰り返され、最も海面が上昇したのは12~13 万年前である。
このころは海が鹿島灘の辺りから関東平野の奥深くまで入り込んでいた。

縄文時代の初期(約5 千年前)にも大規模な海進があり、海面が10m ほど高くなって、今の利根川の大部分は海になっていた。
この海進によって関東平野の広大な地表面の基礎が築かれた。
この海は縄文中期から下がりはじめ、川は大地をけずり、土砂を中・下流部に堆積させ、現在の沖積平野を形成した。

取海(かとりのうみ)は、古代の関東平野東部に湾入していた内海である。
江戸時代まで下総・常陸国境周辺に存在した。
流海(ながれうみ)、浪逆海(なさかのうみ)とも呼ばれた。
香取海は霞ヶ浦(西浦・北浦)・印旛沼・手賀沼をひと続きにした広大な規模の内海だった。
また様々な河川が流れ込み、面積は東京湾に匹敵するほどだった。

海面後退期に形成された侵食低地に縄文海進により海水が流入して発生した。
当初は鹿島灘にはっきりと湾口を開いており、この時期の香取海を古鬼怒湾と呼ぶ事がある。
香取海の周囲には、多くの貝塚が分布しており、また南側の栗山川/椿海水系では日本全体の40パーセントに相当する80例もの丸木舟の出土がある他、埼玉県や茨城県でも多くの丸木舟の出土例があり、古くから水上交通を通した独自の文化圏が形成されていたのではないかと考えられている。

江戸幕府によって利根川東遷事業が行われ、利根川の水が流れ込むようになり周辺の集落は水害に襲われるようになった。
またこれにより淡水化が進み、当時人口が激増していた江戸の町の食料事情もあって、干拓と新田開発が盛んになった。
天明3年(1783年)には浅間山が噴火し、利根川を通じて火山灰が大量に流入、周辺の水害の激化を招く事となった。



4、水海道水害史

①小貝川水害

狭隘な河川のため、下流部の龍ケ崎市・取手市(旧・藤代町)周辺において幾度となく堤防からの溢水、堤防の破堤を繰り返してきた歴史がある。

• 1935年(昭和10年)9月24日〜26日
• 1938年(昭和13年)6月28日
• 1941年(昭和16年)7月10日
• 1950年(昭和25年)8月2日
• 1958年(昭和33年)9月27日
• 1966年(昭和41年)6月26日
• 1981年(昭和56年)8月24日
• 1986年(昭和61年)8月4日
• 2007年(平成20年)10月3日

特に、1986年(昭和61年)の台風10号による豪雨では、堤防が決壊し、大きな洪水被害を出した。
この洪水被害を契機に、筑西市の大谷川との合流部に母子島遊水池が建設された。

利根川・小貝川の治水と洪水の歴史

徳川幕府は1600年代前半から,新田開発・洪水防御・舟運などのために,利根川など関東平野の河川の流路を大きく付替える大土木工事を行いました.
利根川はかつて南へ流れ東京湾に流入していたのですが,平野中央にある分水界の台地を関宿において開削して,東に流れる常陸川に接続させるという河道付替え工事を1621年から実施しました.
これによって流域面積は大きく変わり,旧常陸川は旧利根川や渡良瀬川などが流す大流量の洪水を引き受けることになりました.

1629年には水海道の南において鬼怒川と小貝川を分離し,台地を4km開削して鬼怒川を利根川(旧常陸川)に合流させる工事を行いました.
また,1630年には戸田井と羽根野の間で取手台地を開削し,押付にて小貝川を利根川に合流させました.
これらの河道付替えによりこれまで放置されていた鬼怒川・小貝川低湿地の利用が可能になり,灌漑用に福岡堰・岡堰・豊田堰の三大堰などを設けて,新田が開発されることとなりました.

1742年(寛保2年)以降,小貝川下流部における堤防決壊による洪水は14回(決壊箇所数18)起こったという記録があります.
このうち右岸側(藤代側)は1950年の1回だけで,低地面の傾斜方向に(かつて鬼怒川が流れていた方向に)洪水が向かう傾向が非常に強いことが分かります.
高須の曲流部がショートカットされる以前には,決壊はこの曲流部付近と利根川合流点付近で多く生じています.豊田では5回も決壊が起こりました.
合流点の上流では本流の高水位の影響をうけて決壊が生じやすいので,小貝川流域では雨が少なくても利根川上流山地で大雨が降ると,小貝川が洪水になります.布川の狭さく部は合流点付近での利根川水位をより高くします.
1935年9月には利根川からの逆流によって高須橋下流で左岸堤防が破堤し,東村までの百数十km2(1981年洪水の5倍程度)が浸水を被りました.
平野部で大雨が降ると小貝川自体の流量が大きくなって氾濫が生じます.
1938年6月の洪水はこのタイプで,佐貫駅の近くで破堤して140平方kmが浸水しました.
1950年のように藤代側に氾濫すると小貝川堤防により流下が妨げられるので,堤防際から上流方向へと流入量と地形に応じて浸水域が広がり,長期間滞水します.

画像
   水害記念碑

②鬼怒川水害史

1723年(享保8年) - 五十里大洪水
1885年(明治18年) - 洪水
1889年(明治22年) - 洪水
1890年(明治23年) - 洪水
1896年(明治29年) - 洪水
1902年(明治35年) - 洪水
1910年(明治43年) - 洪水、鬼怒川改修計画の契機となった
1914年(大正3年) - 洪水
1935年(昭和10年)9月 - 台風に伴う温暖前線の活発化による豪雨で洪水
1938年(昭和13年)9月 - 台風による豪雨で洪水
1947年(昭和22年)9月 - カスリーン台風による豪雨で洪水
1949年(昭和24年)8月 - キティ台風による豪雨で洪水
1982年(昭和57年)9月 - 台風に伴う秋雨前線の活発化による豪雨で洪水
2002年(平成14年)7月 - 台風6号による豪雨で洪水

五十里湖
1683年(天和3年)の日光大地震により鬼怒川支流の男鹿川が現在の海尻橋付近で土砂に堰き止められ自然湖・五十里湖が出現したという記録が日光東照宮の輪番記録に残されている。
この堰き止め湖は高さ70mで湛水面積は後に五十里ダム建造により生まれた「五十里湖」より大きく、40年間存在していた。
この間会津藩により洪水吐き工事が行われたがうまくいかず、その間男鹿川沿いの会津西街道は通行不能になり会津藩3代藩主・松平正容によって1695年(元禄8年)に代替街道として会津中街道が整備された。
会津西街道を通行止めにしていた五十里湖はその後1723年(享保8年)の大雨で決壊し、死者1200人を出す土石流となり、宇都宮近辺まで被害が及んだ。

東北本線は開通当初、現在の東北新幹線のルートに近い宇都宮駅より真北に向かう進路を取っており、古田停車場と長久保停車場の間の絹島村で西鬼怒川と東鬼怒川(鬼怒川本流路)の2河川を渡っていた。
しかし当時未治水であり、夏季に雷を伴い激しく降雨する栃木県北部山間部を水源とする鬼怒川は幾度となく大水となり、その激流は橋脚を傷め、1890年(明治23年)8月22日の降雨の際には橋脚が傾斜し修繕にかかる経費と時間が莫大なものとなったことをきっかけとし、東西両鬼怒川が合流し流路帯が狭くなった箇所に線路を移設することとなり、1897年(明治30年)2月25日より宇都宮を出て直ぐに北東に曲がる現在の経路での営業運転に切り替えられた[2


昭和13 年8・9 月洪水

昭和13 年8・9 月洪水は、台風によるものであり、関東山地の東斜面及び男体山を中心とする地域では大雨となった。
この台風による出水は、渡良瀬川および鬼怒川の大洪水の合流により栗橋で計画高水位を60cm 上回ったのをはじめ、全川にわたり計画高水位を上回った。観測最大流量は、布川で計画高水流量を上回る5,700 ;/sを記録した。
支川については、特に渡良瀬川下流部では、かつて経験したことのないような大洪水となった。
渡良瀬遊水地では、昭和10 年9 月に匹敵するまで水位が上昇した。
鬼怒川でも大正3 年に次ぐ大洪水となった。
この洪水による死傷者は、関東全域で328 人に及んだ。


昭和23 年9 月洪水(アイオン台風)
昭和23 年9 月洪水は、アイオン台風によるものであり、関東地方では、15 日午前中南部に雨が降り始めて16 日には全域で強い雨となった。
このアイオン台風がもたらした出水による各地点の最大流量は、布川において、昭和22 年9 月のカスリーン台風をも上回るものであった。支派川については、小貝川下流部で本川の影響により計画高水位を上回った
のをはじめ、渡良瀬川の下流部および鬼怒川の下流部でも計画高水位を上回った。

この洪水では、利根川本川筋および渡良瀬川において床上浸水829 戸、床下浸水1,523戸の被害があった。

昭和25 年8 月洪水
昭和25 年の8 月洪水は、2 つの弱い台風が相次いで関東地方を襲ったことによって生じたものである。
利根川本川の鬼怒川合流点より下流部では、昭和23 年9 月、24 年9 月の両洪水を越え、布川や佐原では、昭和24 年に改定した改修計画の計画高水流量を上回る水位となった。烏川・渡良瀬川・鬼怒川・江戸川等の各支派川の水位はほぼ23 年9 月洪水に匹敵するものであった。

小貝川下流部では、利根川本川の逆流を受け、茨城県北相馬郡高須村(現竜ヶ崎市)地先で7 日1 時15 分、減水中ではあったが約220m にわたり破堤し、浸水面積は約2,400haに及んだ。

昭和33 年9 月洪水
昭和33 年9 月洪水は、狩野川台風によるものであり、降り始めからの総雨量は、鬼怒川上流域及び神流川上流域で200mm を超えたが、その他の地域は山間部で100~200mm、平地部で100~150mm 程度であった。
利根川下流の一部で、計画高水位に迫る水位を記録した。
この洪水では、特に平野部で豪雨があったため平地河川の洪水は大きく、中川流域では浸水面積約28,000ha、浸水家屋約41,500 戸という大被害となった。また、利根川下流や小貝川沿岸等で、内水被害が発生した。

昭和34 年8 月洪水
越流堤が破壊され、江戸川流頭部でも、床止や護岸が流失する被害となった。

昭和34 年8 月洪水は、台風によるものであり、支川の鬼怒川上流域で豪雨となり12~14 日に中宮祠で765mm、黒部で659mmと記録的な雨量となった。この洪水により、利根川本川は鬼怒川の影響を受けて増水し、一部で計画高水位を上回った。

5、治水史


①水の来ない台地に…

水海道城は、新八間堀川沿いの御城公園の辺りにあったと言われる。
ここに架かる橋には「みじょうばし」とあり、名前的には城址らしさが残っているが、公園そのものは土手下の低くなった小さな一角で、城址であるとはとても思えない。
公園の一郭には写真のような「洪水記念碑」なるものが建っているが、城に関するものは見られない。
城址のすぐ西側には鬼怒川が広がっており、鬼怒川に面した水城であったのかと思われる。
 水海道城主として伝えられるのは田村氏で、天正5年(1577)、田村弾正は多賀谷氏に屈服し、以降多賀谷軍の一員として、北条氏と戦い、戦死したという。

羽生館(常総市羽生町)
 羽生館は、羽生町にある法蔵寺の境内にあったらしい。この場所は東の鬼怒川に臨む台地上で、西側からも微高地になっており、居館を営むのにはふさわしい場所であったといえる。
寺院の案内板によると、この地には戦国時代、羽生氏の城郭があり、羽生氏の滅亡後、この寺院が営まれたという。


菅生城は、水海道厚生病院の北500mほどの所にある。
城山と呼ばれる独立台地ヶ城の中心で、ここは比高5、6mほどの低い台地である。
小谷沼に突き出した島状の地形を利用したもので、かつては水城のような景観をしていたかもしれない。
東に800mほどの所には内守谷城がある。

 
亀岡台城(常総市亀岡町)
 亀岡町は鬼怒川に臨む比高15mほどの段丘上にある。
ここには現在、水海道第一高校や浄土寺があるが、その辺りに亀岡台城があったという。
「村史千代川村生活史」の地図ではここにあるのを「逆巻城」とし、諏訪町に「亀岡台」があったことになっているが、諏訪町は台でもなければ、亀岡でもないので、亀岡台はこちらの方であろうと思う。写真は西側の対岸から亀岡台を眺めた所。
 水海道城の支城であるというが、遺構等は残っていない。

画像



②沈下橋

沈下橋とは増水(洪水)時に水面に沈んでしまう橋で、潜水橋や流れ橋と呼ぶ場合もあります。
流れ橋とは文字通り流れて(消失)しまう橋で、簡易な造りの橋で、作り直しがすぐ出来て、増水の際に漂流物をせき止めてしまわないように欄干もない橋が多いのですが小貝川には、恒久的な橋(「永久橋」「抜水橋」などと呼ばれる)に架け替えられることで激減しつつある沈下橋(潜水橋)が複数存在している。
2004年現在残されている沈下橋の中には、木造の「流れ橋」も存在する

大和橋
 小貝川に架かる茨城県道130号常総取手線の橋。
右岸側が常総市新井木、左岸側がつくばみらい市樛木及び箕輪。
橋の架かる場所は、かつて「荒井木の渡」があった場所。
荒井木の渡では、1914(大正3)年4月9日、渡舟転覆事故があった。
御成実科女学校の生徒8人を含む11人が溺死するなど犠牲になった。
これを受け地元では架橋の話が進み1916(大正4)年5月、大生村荒井木と十和村箕輪を結ぶ木造の大和橋が完成。渡舟は廃止となった。
さらに1942(昭和17)年にはコンクリート製の橋に架け替えられている。
現在の橋は、その後架け替えられた。

画像

 常総橋(沈下橋)(小貝川)
 ↓
川又橋(沈下橋)(小貝川)
 ↓
小目沼橋(沈下橋)(小貝川)

6、水海道から常総へ

平成の大合併において、水海道市は当初、筑波郡伊奈町および谷和原村と合併を目指し、その新市名を一般公募に基づいて「常総市」に決めたが、議会で新市の市役所位置について意見がわかれ、水海道市の議員が「伊奈、谷和原に振り回され水海道を馬鹿にしている議会も執行部もしっかりしろといいたい」、「合併しても伊奈、谷和原の議員のほうが多いので、水海道の立場が悪くなる」と発言し、合併協議を一方的に破談にしたため、その後、下妻市等との合併協議が破談となった北隣の石下町との合併協議会を設置した。
そして石下町を水海道市に編入する形式ながら、市名を「常総市」に改称するという、珍しいケースとなった。

制作発信 社会保障・安全衛生コンシェルジェ 特定社会保険労務士 金丸亜紀雄

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック