読んで聞いた与良政談…第二次安倍政権、命運は拉致問題進展次第か

聞く…


平成27年1月19日 15時~16時30分  ホテル横浜ガーデン 4階アイリスの間

  神奈川SR経営労務センター外部講師研修会

・講 演『与良政談 ~ どうなる日本!』
・講 師 毎日新聞 専門編集委員
与 良 正 男 氏

講演要旨

①安倍晋三総理のいいところは「皆に良い顔」をしないこと。
  歴代内閣総理はとかく八方美人で皆に良い顔振りまき、国政上国民に負担、きついことを我慢してもらわなければならないことを言わず避けてきている。
  しっかり方向性を打ち出し反対もあるが毅然と対峙している。これがある限り評価してよい。

②しかしその良い点が第3の矢では失われつつある。
  どういう方向か、内閣担当官させ頭を抱え混沌としている。訳が分からない現状。
 
③第3の矢とはつまり規制緩和になってしまっている。 規制緩和すればどこかがビックになるだろうというあなたまかせ。繊維産業、鉄鋼産業、造船産業、家電産業、自動車産業など時代に沿うきっちりした方向性が必要だが今はそれを打ち出してない。自分は医療健康産業と思うが。

④自分は全国のシャッター街を津々浦々見てきている。足で歩きこの目でシャッター街を見続けてきた日本一と自負している。地方の再生が一番重要。ようやく地方創生を叫びだした。
  中央、大企業を優先させ地方、中小はおこぼれをいただくアベノミクスではなく地方を、中小企業を、個人の家庭を優先させる方向性が本当ではないか。今、二兎を追う危険が出始めた。

⑤実務例としてたとえば自動車業界は目先利益の為海外優先だった。肝心の国内消費、特に若者の車に対する思いに全く耳や目を貸さなかった。そのつけが若者の車離れになった。都会の若者の70%は車を「不要と感じている。昔の若者は彼女を載せてどこかに連れ出すため車を買った。今彼女、彼氏のいない若者が多い。いらないともいう。行きたいところないとも言う。ようやく危機にきずき、車を欲しがる若者に変えなくてはと業界は本気で考え出した。

⑥生活保護一歩前、ボーダー家庭が就学援助金利用統計からも増加している。生活が苦しい層が圧倒的に多くなっている。高級住宅地富ヶ谷に住みアルファロメオで通学した総理が、映画「三丁目の夕日」が好きだそうだが本当に庶民の心温まる人情模様を描いた傑作を理解しているのわからないが、ぜひ庶民への視点を持ってほしい。この層に光を当てすべき、それが第3の矢であり、経済復活の糸口になるのでは。

⑦今後の安倍政権、命運は拉致問題進展如何ではないか。
怒るだけで叫ぶのはやさしい、交渉してある解決地点を探し出すのは難しい。
これからかの国と半端でない難しい交渉と国民の理解を得る着地点を決断する難局面が来るだろう。
いかなる決断をするか、あの意志の強い首相でも苦しい苦しい局面をどう乗り切るか。
ここがこの政権の命運を決めるだろう。


読む…

有権者はもっと気軽に政権交代させればいいのではないか。

毎日新聞社発行 与良正男著「与良政談」254ページ

毎日新聞コラム「発信箱」の政治を与良氏は5年間担当した。
小泉~麻生内閣まで自民党の与党内政権交代を記事にしつつ、もっと気軽にほんとの政権交代を主張してきた。この本はそれらのコラム記事のピックアップである。


政権交代すれば政策の優先順位が必ず変わる。

次に情報公開が進む。

旧社会党はマドンナ旋風が吹き、政治に風穴があいたが、肝心の党そのものが政権など眼中になかった。
自分たちの政策を実現させるという発想がまるでなかった。
批判するふりをするまでの限界だった。

小泉純一郎は首相になったら⇒郵政民営化をやりたいとはっきり言っていた。
又加藤の方が俺よりよっぽど勉強している、けど俺にはかなわないぞとも言っていた。
なるほど加藤紘一からは首相になったら何をしたいかなど聞いたことがなかった。
首相になるのに大切なのは「何をやるか、何をしたいか」である。

毎日新聞論説室=20数人が配置=政治、経済、事件裁判、教育、国際、スポーツ、科学、環境、学芸等々専門性高い記者が毎日毎日2時間かけ議論し、テーマ、主張を創り上げて社説を作る。
論ずるのが使命だ。
ここから私の発信箱が生まれた。
夜型ばかりの中私は朝型。
みのもんたの朝ズバ!のおかげだ。
私はこれでも熱血漢
だからずっと「もっと気軽に政権交代を」と言ってきている、民主主義とは一体何だろうかと考え続けているのだ。



制作発信 社会保障・安全衛生コンシェルジェ 特定社会保険労務士 金丸亜紀雄





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック