平塚のおもちゃの病院ドクターくるりん 民間施設で初の開院  全患者治癒無事に退院

平成26年6月17日(水)午前10時から12時まで平塚市のボランティア団体おもちゃの病院ドクターくるりんが同市四ノ宮2丁目のスーパーマックスバリュ平塚四ノ宮店2階にある社会福祉法人翠会運営の子育てサポート施設つどいの広場「きりんのおうち」で開院された。


画像


つどいの広場「きりんのおうち」では、主に乳幼児(0歳児~3歳児)をもつ親と子どもが気軽に集い、うち解けた雰囲気の中で語り合い、交流する場の提供や、アドバイザーやボランティアによる育児相談などを行います。

平塚の子供たちがきりんのように すくすくと成長しますようにきりんのように 伸びやかな育児ができますよう願って平成22年2月26日に開設されました。

画像




子どもたちの宝物おもちゃが壊れて動かなくなった、音が出なくなった…べそをかいている子供たちに強力な助っ人としておもちゃの故障をなおしてしまう頼もしい仕事をするのがおもちゃの病院ドクターくるりん。

15人のドクター達からこの日は3名のドクターが参加。

画像


本日の患者さん(故障おもちゃ)は17個すべて入院治療することになりました

画像


お預かりしたおもちゃ一覧

トーマス、トイピアノ、ぬいぐるみわん君、キテイのぬいぐるみ、くまさんぬいぐるみ、アンパンマンカー、ミニカー、青い車、緑の車、しまじろうの鏡、レジスター、木製のきゅうす、きね、げんご、プラレール3台

以上17個=3人のドクターが楽しく且つ責任を持って治療、一日も早く君の手に戻るよう頑張るからね。



おもちゃの病院ドクターくるりんは市内公共施設6カ所で公共と連携のもと定期的に開院されています。
このきりんのおうちは初めての民間運営の民間施設、社会福祉法人とはいえ民間であり、私的利益を追求しなければならない使命のある施設での開院でした。

きりんのおうちを管理運営する翠福祉会さん、現場で日々子育て支援に取り組んでいられるきりんおおうちスタッフの皆様には、おもちゃの病院ドクターくるりんの社会貢献ボランィア活動をご理解いただき快く会場を提供
いただき厚くお礼を申し上げます。

おもちゃの病院ドクターくるりんも社会福祉協議会子育て支援登録団体です。
今後も子供たちのため活動を続けてまいります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック