下曽我が強くした向上高校の夏

第1部…
1974年昭和51年 夏 高校野球神奈川大会決勝  向上高校対東海大相模高


後に日本ハム入りする津末英明 、巨人入りする原辰徳を擁する東海大相模高校、向上高校にとり不足はない相手だった。

なにせ東海大相模高は知名度全国屈指。
監督はあの原貢。
福岡県立三池工業高等学校野球部監督に就任。
無名校を初出場にして高校野球全国大会優勝へと導き、三池工フィーバーを起こす。

その後、三池工での戦いぶりと原の生き様に感銘を受けた東海大学の創設者・総長松前重義の招きで東海大学付属相模高等学校野球部監督に就任。
東海大相模の名を全国に轟かせ、神奈川高校野球界の勢力図を塗り替える。

1974年(昭和49年)には長男・辰徳が東海大相模に入学し、「親子鷹」としても話題となる。
辰徳には野球部内では親子の関係を一切断ち切るなど厳しい条件を押し付けた。
練習では何度も辰徳に対して鉄拳を浴びせ、ほかの選手の襟を正すための生け贄にした。

2年後神奈川大会、立ちはだかる向上高校を破り、甲子園に行く。
甲子園親子鷹が実現した。
辰徳選手は高校1年生から
強豪校のクリーンアップを打つ強打者であり、
イケメンの超アイドルでした。
私が中学1年生のとき、
クラスの隣の席に座っていた鈴木さんという女の子が
「タツノリ君」の熱狂的な大ファンで、
透明な下敷きシートに原辰徳選手の切り抜き写真を
何枚も入れていたのをよく覚えています。
そんな「タツノリ女子」がたくさんいた時代でした。
親子鷹は4回甲子園に相模を引き連れて行った。


第2部…
1984昭和59年7月30日 夏 第66回神奈川大会決勝  向上高校対桐蔭学園

8年後向上高校再び決勝に進出し、神奈川大会決勝は桐蔭学園と向上高校どちらも譲らず、延長14回までもつれる

向上高校は強力だった。
この年のドラフト会議で、エースで4番の高橋智は阪急ブレーブス、捕手の大塚義樹は南海ホークスに指名され、入団している。
内野には阪神に行った鶴見信彦もいた。
力では向上高校が上、技で行くしかない…

粘る向上のとどめを刺したのは、桐蔭のエース志村亮の得意の牽制(けんせい)だった。
 「牽制で終わらせたら盛り上がらないかなと思った。そのかわり、大げさにガッツポーズした」

志村は左投手、向上対策に、秘策を練った。
上げる右足、腕の使い方、顔の向きなど研究し、牽制の様々なパターンを編み出したのだ。
甲子園を決めたのがこの秘策。
向上を制した志村の牽制は、甲子園でも大いに通用、3試合でなんと5個の牽制アウトを取った。

強力打線の向上に鍛えられた桐蔭のエース志村は高校時代の活躍以上に「巨人をけった男」として知られる。

 慶応大に進学した志村は6大学野球で通算31勝を挙げ、53回無失点、5試合連続完封記録はいまだに破られない金字塔を打ち立てた。
巨人など複数の球団からプロ入りを誘われ、88年のドラフトの目玉だった。
 その誘いを志村はすっぱりと断った。

 「大学時代は成績にこだわり、十分満足した。
プロの世界は努力をしても成功する確率はわずか。
活躍できても長続きはしない。
そこに飛び込む気持ちが出なかった」。
どこまでも冷静に先を見据えていた。
 時はバブル景気のさなかだった。
都市開発に携わりたいと不動産会社の門をたたいた。
三井不動産に勤め24年目。
サラリーマンの傍ら今は地元の戸塚区にある少年軟式野球チーム「品濃ヴィクトリー」の代表として後進の指導に携わる。
 後輩に期待するのは悔いのない全力プレー。
「最後の最後まで諦めず全てのチームが全力で戦ってほしい」とエールを送った。
今年2014年神奈川大会の開幕試合、始球式を務めた。


向上の勝負力…

27年前の夏、志村と投げ合い、敗れた向上の高橋智(44)は卒業後、阪急(現オリックス)に入団した。
「志村とは違い、勝負の世界が好きだった」
 野手に転向した高橋は92年、29本塁打を放ってベストナインに。
194センチの長身から「デカ」の愛称で親しまれた。
ヤクルトや台湾球団を経て2002年に現役を退いた。

いまは名古屋市でエレベーター販売・管理会社に就職し、保守管理に回る日々を送る。
現役時代に乗っていたベンツは手放し、家族向けのワンボックスカーに乗る。
 
志村の桐蔭に敗れた時、「疲れ果てて涙も出なかった」という高橋。
「入学当初は、腹筋すらついていけなかった俺でも、必死に練習をすることで自信がついた。
だからプロでも活躍できた。高校野球に感謝している」
 
志村の慶大時代、慶大のグラウンドで阪急が練習する機会があり、志村と高橋は偶然、再会した。
 「元気でやってるか」。短いやりとりだったが、互いによく覚えている。
進む道は違っても、あの夏が2人の原点にある。


向上の野球力

過去5年間の高校野球神奈川大会データから見る神奈川高校野球ランキングより

1位 東海大学付属相模高  99勝19敗
2位 桐蔭学園   83勝15敗
3位 横浜高校   83勝18敗
4位 桐光学園
5位 慶応高校
6位 横浜創学館
7位 向上高校 64勝18敗

11位 平塚学園  60勝14敗



画像



第3部  明治43年 瑞雲寺 大井龍兆 向上を起こす


向上学園の前身の自修学会は、神奈川県下曽我に大井龍兆が私財を投じて設立したものである。

 明治時代, 小学校の制度は全国的に普及し たものの, それより上級の進学は不可能に近 い状況が多かった。瑞雲寺21代龍跳(りゅうちょう)和尚は, この不備を救うため寺の本堂でこの地域の青 年を教導し, やがて明治43年, ここで校舎 の建設に着工した。
自修学校と称し, 落成は, 大正2年2月であった。
教科は修身・国語・ 漢文・英語・数学(代数・幾何)・珠算など, 後の旧制中学校3-4年程度を教えたという。

画像


 大正15年, 規模を拡大するため東方の台 地上に移転し, 後に校名は湘北中学校・湘北 高等学校・向上高等学校と改名した。明治・ 大正・昭和にわたり, この私学の果たした地域 への貢献はまことに大きかった。


関東大震災で校舎が壊れ、大井も子息を失うが、地元村民が力を合わせ、学校を再建した。

昭和30年代の終わり、当時経営難に陥っていた湘北高等学校が、同じ曹洞宗の某大学に救済を求めたが、不採算性があまりにも高く断られた。
そして、同大学に奉職していた宮崎道世が、個人で私財を投げ打ち、学校を引き継ぐことになった。
経営引継ぎ後、校名や法人名を変更し、後述する制服革命〈ブレザーの採用・授業服〉や克己日などの当時としてはユニークな教育方針を行い、また副校長人事に猪熊功(柔道オリンピック代表)を起用するなど、世間の注目を集めた。
画像




現在の「向上」という校名は、当時、下曽我にあった湘北高校の半ば荒れ果てた校舎を宮崎が見たとき、「荒城の月」の歌がとっさに頭に浮かび、そこから這い上がるという意味で命名したという。
その後も数十年間ほど学園は幾多の経営難に陥ったが、三浦甲子二(日本教育テレビ報道本部長:現テレビ朝日)が学園の立て直しに尽力し、危機を逃れた。



瑞雲寺寺宝「力不動」これが下曽我が発信する10人力の源 
 正しく生きようとする人に強い力を貸してくれるという向上の根本ここにあり

画像


男性は触れ、女性は跨げ さすれば力漲る象徴根

画像


第4部…2014年平成26年春   春季関東大会 決勝 向上高校対山梨学

高校野球の第66回春季関東大会第4日は20日、保土ケ谷・神奈川新聞スタジアムで準決勝を行い、第1試合で向上(神奈川2位)が選抜4強の佐野日大(推薦・栃木)を6―1で下し、初の決勝進出を決めた。

 向上は初回に福田伊織(3年)の二塁打などで3点を先制。その後も積極的な攻めを展開し、追加点を重ねた。

 投げてはエースの高橋裕也(3年)が強打の佐野日大打線を6安打1四死球9奪三振に抑える好投で、完投勝利を挙げた。

 向上は、準決勝第2試合で勝った山梨学院(山梨1位)と、21日に同球場で決勝を行う。

高校野球の第66回春季関東大会最終日は22日、保土ケ谷・神奈川新聞スタジアムで決勝を行い、初優勝を狙った向上(神奈川2位)は2-9で山梨学院大付(山梨2位)に敗れ、準優勝に終わった。


第5部   2014年平成26年夏 躍進向上

2回戦 対横須賀総合  10-1 勝利

3回戦 関東学院      6-5 勝利

4回戦 横須賀            勝利

5回戦                 勝利

6回戦                 勝利

決勝                  勝利

甲子園へ向上は行く…

ブログ発信 社会保障・安全衛生コンシェルジェ 特定社会保険労務士 金丸亜紀雄


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック