やはり…あっちでもこっちでも評判倒れ・LED電球切れ

事例Ⅰ、朝日新聞 平成25年10月29日 14面  声欄

LED電球の寿命 実際は?

3個の電球をLED電球に変更した。
1年ももたずに風呂場のLED電球が切れた。
1年半後今度は別のLED電球も切れた。

1日10時間点灯して10年間使用可との宣伝だったが、従来の電球よりずっと早く切れてしまった。
従来の電球では10年で5個。
LED電球は2年半で3個中2個が切れた。
高価な割に不経済な、環境に誠に悪い照明器具ではないか。

投稿者  神奈川県 83歳男性

事例Ⅱ、我が家の顛末

①LED電球不調…

2年ほど前、市の主催する環境まつり会場に環境再生テッシュペパーなど販売していましたが、その隣で環境に良くて長持ちするとLED電球を大宣伝。
使用を勧められ購入しました。
通常の電球より高価でしたが、環境に良くて省資源の為になるなら協力しようとの思いで購入しました。

その電球=BU60,70S,500K,AC90,254V,7W50-60H2=ですが、消えかかっている状態です。

これなら普通の電気屋で普通の電球を調達した方がかえって長持ちするのではと家族に笑われてしまいました。

② 環境まつり当局への問い合わせ…

環境祭りで販売したLED電球の不良について上記のような苦情が他にありませんか。
この電球だけがたまたま不良品だったとは思いますが念のため問い合わせする次第です。


③環境まつり当局からの回答…

LED電球は消費電力も少なく環境に良く長持ちすることから、環境まつりでブースを設けています。
今回電球の不良についてお問い合わせいただきましたが、他の方からは特にお問い合わせはありません。
お手数ですが、製品の不良につきましてはメーカーにお問い合わせくださるようお願いいたします。

④まとめ… もう購入したくないLED電球

当該LED電球のメーカーは韓国・韓星エルコムテック社(HANSUNG ELCOMTEC Co., Ltd.)である。
しかしこの会社への連絡方法が見つからない。
ホームページなど見当たらない。
結局LED電球への不信しか残らなかった。
朝井新聞声欄の方に全く同感する次第である。

おもちゃの病院ドクターくるりんは環境リユースに大きな貢献をしている。
もちろん毎年環境まつりには積極的に参加している。
今年は12月7日土曜日に開催が予定されている。
もしLEDコーナーが設けられたら、新聞とこのブログを見ていただこうと考えている。
コーナーを担当する方はしかし不良品とは全く関係はない方々ではあるが…。



LED電球を導入する前に気を付けたい5つのポイント

①まずは口金をチェック
ソケットと異なるサイズの口金を持つ電球を装着しようとしても無理な話
定規などで直径を測ってみると良い

②重量に注意

E26口金の白熱電球で30g程度、E17口金のミニクリプトン電球で15g程度。一方、LED電球は比較的小さいE17口金の製品でも重さは40gくらい。E26口金の製品になると70g程度のものから、重い物では180g以上のものもある。
デスクライトに重すぎるLED電球を取り付けたら、バランスを取れずに倒れてしまう。
スポットライトに取り付けたとき、角度を決めるねじの締め方が甘いとライトが下に向かって動いてしまうだろう。

③電球を調光、つまり光を強くしたり弱くしたりできる設備を使っている場合使用できない。
多くのLED電球は、調光器がつながった照明器具では使えない。

バスルームの照明など、照明器具をカバーで覆っている密閉型器具」の場合注意だ。白熱電球に比べるとLED電球はあまり発熱しないが、発光するLED素子は、電流を流すと光ると同時に発熱する。この熱を放置してしまうと、LED素子が高熱になり、光が弱くなる、寿命が縮む、壊れるといったトラブルを招く

⑤廊下の天井照明に多い「ダウンライト」だ。ダウンライトは天井にはめ込むような形になっているが、その多くは天井を覆っている断熱材を持ち上げる形になっている。
こうなると、ダウンライト自体が断熱材で覆われている形になってしまう
断熱材がLED電球の放熱の邪魔をするので、一般的なLED電球をはめてしまうと、LED素子の放熱がうまくいかず、あまり良い結果にはならない


制作発信 社会保障・安全衛生コンシェルジェ 特定社会保険労務士 金丸亜紀雄

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック