東北、三陸海岸に桁外れの強豪あり、無敵の空気投げ、その名は三船久蔵

東北、三陸海岸に桁外れの強豪あり、無敵の空気投げ、その名は三船久蔵

明治16年、岩手県久慈に生まれる。

久慈尋常高等小学校卒業後仙台二中に進んだ三船久蔵は、学業に飽い足らず、二高の道場まで柔道の見学に出かけました。
そこで見よう見まねで柔道を覚えたといいます。中学を卒業し、補習科を終了した後、1903年(明治36年)上京し講道館に入門。1904年(明治37年)早稲田大学予科入学。翌年慶應義塾大学理財科入学。

講道館へ入門

講道館では嘉納治五郎に師事。
身長159センチ、59キロの体で講道館を代表する柔道家に。
講道館指南役、東京帝大・早大・明大等多数の大学、警視庁の柔道師範として柔道の普及、後進の育成にも多大な功績を残した。
「理論の嘉納、実践の三船」といわれるほど、柔道創始者である嘉納治五郎の理論を実践し「柔道の神様」とあがめられた。
昭和20年には最高位の十段を授けられ、名人の称を受けました。
わずか12畳の道場と9人の門人でスタートした講道館柔道は、やがてオリンピック種目となり、世界的なスポーツと飛躍しました

1964年(昭和39年)東京オリンピックでは柔道競技運営委員を務め、国際的競技としての「柔道の完成」を見守った翌1965年(昭和40年)1月27日、82歳で永眠。
同日、勲二等瑞宝章を授与され、正四位に叙される。(ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋)


不敗への道①

気合だけで相手を投げ飛ばす。
これを理想とし稽古に励む。
裂帛の気合をかけ、取り組んだ。
自分では気合一つで投げた気分になるようになったが、実際には相手は倒れていなかった。

不敗への道②

計画を修正、気合に加え、ほんの少しだけ相手に触れることで放り投げれないか。
一日千本稽古を行った。
相手の僅かな隙をとらえ、観念的には投げ得るような気分になったが、現実は投げ飛ばすことは出来なかった。

不敗への道③


今度は、気合と、相手を少しだけ掴み、ほんの少し自分も動き、相手を投げたいと稽古:工夫を重ねた。
掴まえて、自らも動く、もう譲歩は出来ない。

不敗への道④

それでも駄目なのは、自分に隙があるからだろう。
わが身を工夫しなければ…
ゴムまり、球に執着する。
球は転がるが倒れない。
球を朝から深夜まで念想した。

球は直線の動きが早く、重心が極めて低い。
自分を球に見立て、三船の稽古は、スピードが際立つようになる。

不敗への道⑤

ついに相手の重心を利用し、体の捌きだけで、相手を大きく投げるコツを会得する。
「自分は小さいので重心が低い、下にあれば下にあるほど磐石だ。
大きなものとの試合では、主導権は、小さいものの動きの中にある」

こうして空気投げ、隅落としが誕生した
この着想は「大車」や「踵かえし」にも取り入れられた。

空気投げ(隅落とし)

■技の特徴・性質

隅落は、掛け始めは浮落と同じように、相手が後退させた足を踏み出す瞬間に、引いて投げる技です。

まず、自然体に組み、外中袖と襟を深く握ります。
相手を追い込んで後退させ、相手が押し返し一歩踏み出すように誘います。

このとき、追い込みが十分であれば、相手の出足も自分の思いのままになります。

相手が踏み込んできた瞬間に、自分の足を進めて支え足にします。
相手の袖を握った方を引き、支え足に相手の重心を移しつつ、襟を握っている方で、相手の胸部の辺りを押し上げます。

こうすることで、相手の体はくるりと回され引き落とされます。

相手が、勢いよく攻撃に踏み出してくるときや攻撃を中止して足を戻すときがこの技を掛ける絶好の機会です。

一見、手先だけで倒したように見えるため、空気投げなどと言われていますが、微妙な体さばきによって相手の重心を崩し、その力を利用して投げるため、体全体の使い方がきめ手となります。
画像


不敗への道⑥


昭和5年(1930年)11月 第1回全日本柔道選手権大会
関西の麒麟児:傑物「佐伯嘉一郎7段」と「三船久蔵7段」は対戦した。
佐伯は51歳、体も大きく、力も強い、48歳の久蔵が不利の下馬評だった。

佐竹が大技で振り回したり、試合は一進一退が続いたが、佐竹の動きの隙を直感的に三船は捉えた、刹那、三船は左足を相手の右足外に踏み出し、斜め上に押し上げた、佐竹は弧を描いて宙を舞った。
三船久蔵は佐竹嘉一郎を空気投げで投げ飛ばした。
空気投げの極意を問われ、久蔵は「非凡は凡の中にある」とのみ答えた。


久慈市立三船十段記念館

永久に語り継ぎたい柔聖の技と心
 近代柔道の礎を築いた講道館柔道の最高位の十段にまで上り詰めた久慈市出身の柔道家・三船久蔵柔道十段の記念館です。

「若き日の三船久蔵」「三船久蔵と講道館」「三船と将棋」「三船と書道」のテーマに沿ってパネルや書道作品・遺品を展示しています。

平常心の鍛錬と集中力の養成などのため、三船は子供の頃から興味を抱いていた将棋の世界にも身を投じます。
生来の負けん気で、腕はメキメキ上達。ついには日本将棋連盟から三段を授与されるほどになりました。
事あるごとに「技は芸術であり、文武は一道である」と披露していた三船は、「武」のみならず「文」にもその才能を遺憾なく発揮しました。
その代表が書道。
なかでも絶筆となった「自他共栄・中心帰一」の書には、三船の人生が疑縮されているかのようです

また、三船十段が創案した技「隅落(空気投げ)」など貴重な映像も見られます。
 資料館の隣には、柔道場も併設されており、三船十段の精神を受け継ぎ道場生が日々稽古に励んでいます


ナツメ社発行加来耕三著「感動する日本史」279ページ


平成22年柔道選手権大会 日本は金メダル通算100個を突破したと報じられた。
この記事に対し、加来耕三は「昨今の柔道は以前の柔道ではない、特に日本柔道は全く別なものになっている」と感慨していた。

平成25年日本柔道は開闢以来の危機に直面した。
三船のような奇人、変人が出ないものか。
暗雲と新興諸外国柔道を投げ飛ばす大空気投げの柔道家が…



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レイバン

    Excerpt: 東北、三陸海岸に桁外れの強豪あり、無敵の空気投げ、その名は三船久蔵 年金・医療・失業・労災困ったときの助かるブログ/ウェブリブログ Weblog: レイバン racked: 2013-07-06 05:50