年金の繰り下げ、老齢基礎年金手続き、障害年金手続きなど質問があった。ねんきん特別便アドバイス現場から

社会保障相談室31

質問(ねんきん特別便対応の際の質問)

繰下げしていた老齢基礎年金の受給手続についてどの用紙に申請するのですか?

回答
繰下げの申し出=66歳に達するまでに、国民年金・厚生年金保険老齢給付裁定請求請求書を提出していないものが老齢基礎年金、老齢厚生年金の支給繰り下げを希望する場合には、繰下げ申し出書(様式103号)を提出する。
{記入必要事項}氏名、生年月日、住所郵便番号、電話番号
{国民年金・厚生年金保険老齢給付裁定請求請求書と同時に提出する}

繰下げ待機中の受給権者が66歳以降に老齢基礎年金、老齢厚生年金を65歳からの支給を請求する場合=老齢基礎年金、老齢厚生年金請求書(65歳支給)様式236号を住所地の社会保険事務所に提出

様式235号「老齢基礎・厚生年金支給繰り下げ請求書
66歳以降繰り下げて受けようとするときの届。
{記入必要事項}基礎年金番号、氏名印、生年月日、住所郵便番号、電話番号、生計維持申し立て、
{添付資料}年金証書、手帳、生存の証明書又は戸籍抄本

質問(ねんきん特別便対応の際の質問)
老齢厚生年金を受給していましたが、満65歳になるので老齢基礎年金を申請するのですか?

回答

ハガキ様式の国民年金・厚生年金保険老齢給付裁定請求書が65歳到達前に社会保険業務センターから郵送される。市町村長の証明印が必要。

質問(ねんきん特別便対応の際の質問)
障害年金の申請手続きについて?

回答
国民年金障害基礎年金裁定請求書(様式107号)
国民年金厚生年金保険障害給付請求書(様式104号)
{記入必要事項}基礎年金番号、氏名印、生年月日、住所郵便番号、電話番号、振込み先金融機関名口座番号、金融機関証明印、加算対象者名、事業所名、所在地、傷病名、障害年認定日、生計維持申し立て、配偶者基礎年金番号、配偶者名、子氏名、
{添付資料}年金証書、手帳、生存の証明書又は戸籍抄本、診断書、受診状況等証明書、病歴就労状況申立書

ブログランキング
http://jobranking.net/44/ranklink.cgi?id=1346





自由国民社発行「口語民法」に学ぶ

第3章  法人

第66条「表決権のない場合」

社団法人と特定の社員との関係について議決をする場合には、その社員は、表決権を有しない。

解説
法人が社員から土地を買うかどうかを決めるといったように、社団法人と特定の社員との関係について議決をする場合には、その社員は表決することができない。

労働基準法 労務行政発行「労働基準法:労働法コンメンタール」に学ぶ

第7章   技能者の養成

第72条「未成年者の年次有給休暇」

第70条の規定に基づく厚生労働省令の適用を受ける未成年についての第39条の規定の適用については、同条第1項中「10労働日」とあるのは「12労働日」と、同条第2項の表6年以上の項中「10労働日」とあるのは」「8労働日」とする。

解説
本条違反は、6カ月以下の懲役又は30万円以下の罰金に処せられる。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レイバン ウェイファーラー

    Excerpt: 年金の繰り下げ、老齢基礎年金手続き、障害年金手続きなど質問があった。ねんきん特別便アドバイス現場から 年金・医療・失業・労災困ったときの助かるブログ/ウェブリブログ Weblog: レイバン ウェイファーラー racked: 2013-07-05 20:47