幽霊でもいい、村長さん現れて!   生命尊重の精神今も脈々と、沢内村

幽霊でもいい、村長さん現れて!   生命尊重の精神今も脈々と、沢内村


新潮社発行 及川和男著「村長ありき:沢内村深沢晟雄」437ページ

沢内の子
沢内村は奥羽山脈に周囲を囲まれた高原性盆地の村である。
昭和58年人口は約5000人。宿命の豪雪で極度の貧農。3年に1度は凶作になる。
粗衣粗食に耐える村人の命は短かった。そんな沢内を国内始め国外からも多くの視察団が訪れる。それは村ぐるみの保健衛生活動を学ぶためである。…貧しくても理想に向かって力を合わせる新生沢内。この新しい村沢内を築いた人こそ深沢晟雄であった。
明治38年沢内村に生まれた。大正8年一関中学入学。昭和3年東北大学法学部入学。
昭和6年上海銀行就職。昭和12年満州拓殖公社勤務。敗戦と引き揚げ。沢内村帰村。

村のため

村のために何が出来るか。どう生きるか。昭和29年 教育長に要請され就任した。
まず手がけたのが婦人会つくり。徹底的に歩き、婦人と話し合った。部落ごとに15の婦人会が出来た。次に青年会の力を結集させた。そして村長を説得し村の広報誌を制作する。

村広報は言うまでもなく村政の実情をそのまま村民に知らせることを任務とする」「広報は客観性、民主性、庶民性を持たなければならない。広報は村づくりのビタミン剤、民主主義の栄養素である。広報活動にはお金を惜しむべきでない」…創刊号の深沢文

社会教育の重視

下からの村づくりを彼が目指していたことが分かる。自治の力を作り出すのである。
昭和30年 沢内の教育予算は変わった。最初に公民館活動が重視され、職員が張り付き、婦人会、青年会育成予算は増加させた。新しい風が吹き始めた。
ある日農協専務からナメコ栽培の知恵を貸すよう頼まれ、彼は村の地場産業としてナメコの宣伝に歩いた。2年後飛躍的に生産量そして収入も大幅に伸び、県下有数のナメコ産地となった。貧農の村の3分の1はナメコ栽培に取り組んだ効果は大きかった。かれはようやく村に帰ってきたと実感できた。やがて請われて助役をやることになった…


ついに村長に


昭和32年5月10日、深沢晟雅雄は第18代沢内村村長に就任した。満51歳。
まずナメコの農協専務を助役に。45歳との若きコンビ誕生だ。
彼の粘り、謙虚、そして楽天性という自分にない資質を見込んだ。


所信表明  マイナスをプラスに転換させるため低く構えた。


1、派閥抗争をなくす
2、村の力を一つに結集、一体態勢を
3、信頼を勝ち取ること
4、あらゆる方面への外交折衝を細かく

村の現実問題  3悪追放のテーマにすえた

1、豪雪、2、多病、3、貧困

ブルトーザー村長

国や県の補助ではなく、村の自力で金を集めブルトーザーを借りよう…
冬季交通確保既成同盟会を組織、作業部と資金部を作り活動開始
雪の深夜12キロの道を懐中電灯頼りに歩き村長宅へ「よし買おう」即座に村長は言った
昭和33年ブルトーザーによる除雪が始まる。

3貧追放も…体の貧乏、経済の貧乏、心の貧乏を追放しよう…

乳児死亡半減対策

村の乳児死亡率は71%、全国平均は41%、岩手では66%だった。全国最悪の数字。
まず保健活動が行われ乳児検診の受診率が80%に向上した。
保険料滞納者に賞品をつける秘策、滞納整理協力賞を設置⇒こげつきがなくなる
そこまで村は考えているかという協力心が生まれた。貧しさから払えないのだが、思いがけない形で暖められ、涙の出るほどうれしかった。

県下始めての70歳以上のお年寄りの長寿の証贈る。1200円。一家の貧しさの負担から思いがけなく暖められ、健康で長生きする誇りを持てるように村人の意識に定着し始める

生命尊重

村長は仙台に向かった。東北大学への座り込み直訴である。医師の確保大事業である。
毎日毎日の陳情が始まった。断られては「では明日また参ります」
このほどの熱意は人の心を動かすのか、ついに3カ月交代で医師の派遣が行われることに。
昭和34年乳児死亡率は27%で県下1位に。
65歳の高齢者に10割給付を断行する決意を固める。(医療費負担金なし政策)
村議会で質問が交わされたがこの提案は可決された。医療費無料化は全国初に実現した。
県の見解に対し村長は言った「憲法に照らして私は絶対に負けない」

三つの目標

1、すこやかに生まれる、2、すこやかに育てる、3、すこやかに老いる

昭和37年乳児死亡率0を達成。全国初。豪雪の僻村での快挙は全国に衝撃を与えた

7台のブルトーザーが活躍。産米は2,5倍に伸びた。
昭和38年日本医師会竹見会長も視察に村を訪れた。
沢内村は村人が誇りを持って沢内と言える村になったのだ。
昭和39年東京オリンピック
昭和40年1月28日 深沢晟雄は永眠した。59歳。
「格差という重荷に苦しむ5000人を放置出来ない、国や県がやらなきゃ我々がやろう」

昭和55年、深沢が沢内の老人医療費無料化を実施して20年経た年の、村の老人医療費は、全国平均より50%低くなっていた。明らかに生命行政の効果がここに見える。他の市町村が国保会計の赤字に苦しむ時、沢内では黒字を昭和54年から維持している。
患者無料送迎バスも出ている。いかに沢内の健康度が高いか。


国は沢内を見て、昭和48年老人医療費を無料化した。しかし昭和58年財政難を理由に老人保健法を成立させ無料化は終わった。村はこの流れにも闘い、自治を守った。

深沢の後の村長太田は「10割給付で健康な村が実現、明るい村になった。これを継続させる、やめる理由はどこにもない」と村議会で力説した。傍聴席は満員だった。
民主主義、地方自治とはなんなのか、どう進めるのか、沢内から学ぶところは多い。



平成20年2月3日神奈川新聞 6面 生命尊重の精神今も脈々と、沢内村


沢内村は2005年11月合併で西和賀町になったが、深沢晟の精神は今も継承されている。
老人医療費について、65歳以上の者に外来1500円、入院5000円補助している。
生命尊重のため市民活動を生かしていく重要性を指摘した現町長。
85年から盛岡市の児童養護施設の子どもを毎夏受け入れ触れ合い事業を実施し、2003年から全国から受け入れている。命のネットワークを組織し今後は四季を通じて活動したいと考えている。深沢の功績を映画にした「いのちの作法」が完成した。


沢内村、深沢晟雄村長については本ブログ9月22日にも発信しています。

ブログランキング
http://jobranking.net/44/ranklink.cgi?id=1346




今日の民法  自由国民社発行「口語民法」に学ぶ

第2章  人(自然人)

第32条「失踪の宣告の取り消し」

失踪者が生存すること又は前条に規定する時と異なる時に死亡したことの証明があったときは、家庭裁判所は、本人又は利害関係人の請求により、失踪の宣告後を取り消さなければならない。
この場合において、その取り消しは、失踪の宣告後その取り消し前に善意でした行為の効力に影響を及ばさない。

2 失踪の宣告によって財産を得た者は、その取り消しによって権利を失う。
ただし、現に利益を受けている限度においてのみ、その財産を返還する義務を負う。

解説
すでに死亡している場合にも、いったん失踪宣告を取り消すには、死亡時が違うと相続人も違ってくることがあるからである。


今日の労働基準法 労務行政発行「労働基準法:労働法コンメンタール」に学ぶ

今日の労働基準法 労務行政発行「労働基準法:労働法コンメンタール」に学ぶ

第4章 労働時間、休憩、休日及び年次有給休暇

第32条の3 「フレックスタイム制」

使用者は、就業規則その他これに準ずるものにより、その労働者に係る始業及び終業の時刻をその労働者の決定にゆだねることとした労働者については、当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においは半数で組織する労働組合がある場合におい代表する者との書面による協定により、次に掲げる事項を定めたときは、その協定で第2号の清算期間として定められた期間を平均し1週間当たりの労働時間が第32条第1項の労働時間を超えない範囲内において、同条の規定に係わらず、1週間において同項の労働時間又は1日において同条第二項の労働時間を超えて、労働させることができる。

1 この条の規定による労働時間により労働させることができることとされる労働者の範囲
2 清算期間
3 清算期間における労働時間
4 その他厚生労働省令で定める事項

解説
本条は昭和62年改正で新たに設けられた。一定の要件でフレックスタイム制採用出来るとされた。仕事と生活を両立できる今後の望ましい勤務形態である。
満18歳未満は本条のフレックスタイム制の適用はない。又地方公務員非現業一般職に本条の規定は適用しない。
本条は、禁止の解除規定に過ぎないので違反は成立しない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「新潮社」についてのクチコミブログをピックアップ

    Excerpt: 新潮社 に関連するブログ記事の検索結果から最新の口コミ情報、オススメ商品を紹介… Weblog: クチコミブログをピックアップ racked: 2008-02-04 10:48
  • プラダ トート

    Excerpt: 幽霊でもいい、村長さん現れて!   生命尊重の精神今も脈々と、沢内村 年金・医療・失業・労災困ったときの助かるブログ/ウェブリブログ Weblog: プラダ トート racked: 2013-07-08 10:15