無効と取り消しはどう違うのですか

質問

契約の無効と取り消しはどう違うのですか、どちらが有利になるのでしょうか? 

回答   社会保障相談室⑱

事例1、労働基準法18条の2  解雇
解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして無効とする。

…この条項は平成15年改正で、増大する解雇のトラブル防止のため明記されました。
民事的効力を定めたもので、解雇の有効、無効の判断は最終的には裁判所が行う。

事例2、ネスレ日本合意退職事件判例
従って従業員が退職届けを提出した翌日にその取り消しの意思表示をしたことにより、退職の意思表示は取り消されたものと認められる。

そこで無効とは?取り消しとは?

無効は、最初から契約として成立していない状態です。
だれでも無効を主張することができます。

取り消しは、有効に成立した契約を一定の理由で解消しようとすることです。
もしも取り消しを行わなければ、契約はそのまま有効に成立します。
取り消しを主張できるのは、契約当事者(未成年者の場合には親権者も)に限られています。
取り消しのできる契約 詐欺・脅迫によって締結した契約(民法96条)。未成年者契約。成年被後見人、成年被保佐人などの一定の契約。

無効と取り消しの違い

取り消しの場合は、もしも取り消しを行わなければ、契約は有効に成立する。また、取り消しができる者は当事者に限定されている。

無効の場合はだれでもが主張可能で、無効な行為が契約として成立することはない。
無効になる契約 たとえば殺人の契約や、売春の契約など公序良俗に反する契約は無効。(民法90条)また、要素の錯誤(契約の重要部分のことで、契約の動機などはあたらない)による契約は無効である。(民法95条)また、無能力での契約は無効となるが、証明が難しい。

事例3、虚偽による退職勧奨

うちの会社が危ない。今もうち退職すれば退職金は割り増しで支給。そういう虚偽を言って従業員を退職させた。信じた社員が応じたのだ。しかしその後危機でなかったことが判明。
この場合詐欺により意思表示をしたことになり、取り消しとなる。

なぜ無効でないか。それは、再度会社に行くのはこんな会社まっぴらであり、無効となれば退職はなかったこととなり、退職金を戻し、虚偽をするような会社のため働くこととなる。
それはひどい。そこで詐欺は取り消しとしたのである。取り消しなら本人の自由な選択が可能。戻りたくないならそのまま、戻りたいなら取り消し発動すれば良い。

契約の無効と取消

有効の4条件
①確定できるもの、②実現可能、③適法、④社会的妥当性  以上全てを満たせば有効
満たせなければ無効である。
 

民法には、契約の効力を否定する手段として、「無効」と「取消」があります。
 無効とは、当事者の合意に法的な拘束力をまったく認めないとするものです。
公序良俗に反するような合意(例えば「人身売買契約」とか両性の平等に反する差別的な「労働契約」など)は無効です(90条)。
従来は、どちらかといえば社会秩序という公的利益保護に重点がありました。最近はそれに加えて、「被害者の私的な利益擁護を通して、結果的に社会の公正さを実現する手段」としても、公序良俗が主張されるようになってきています。
例えば、マルチ商法や内職商法(*2)などによる契約の効力が公序良俗を理由として否定されています。

 また、いわゆる行政取締法規に違反した行為の民事的効力が問われる際にも、公序良俗の観点が問題となります。
食品衛生法に違反して販売された食品についての売買契約が無効になるか否かは、最高裁でも判断が分かれています。
 当事者の意思と表示の間に一致がない場合にも契約は無効になります。
民法では、心裡留保(93条)、虚偽表示(94条)、錯誤(95条)が規定されています。
だれにでも本心でないと分かる嘘の意思表示や、契約の要素と呼ばれる重要部分について勘違いがあれば、その契約は無効(*3)なのです。

 一方、取消とは、取消権者による取消権の行使によって、契約をした時点にまでさかのぼって、その効力がなくなることをいいます。逆にいえば、取消権を行使するまでは、契約の効力は維持されているわけです。

 民法では、制限行為能力者(未成年者、成年被後見人、被保佐人、被補助人)が法定代理人の同意を得ずに締結した契約、それに詐欺、強迫による契約(96条)は取り消すことが可能です。
詐欺や強迫は、契約者が意思決定をする過程に外部から不法な圧力がかけられたので、形式的には意思と表示の間に相違がありません。
無効ではなく取消とされたゆえんです。なお、詐欺にせよ強迫にせよ、「だましてやろう」「脅してやろう」という故意が必要です。
なぜ、無効と取消を区別するか》 →論理からの帰結ではなく、法政策的なもの。

取り消しと撤回

「取消」は過去にさかのぼってなかったことにするのに対して、
「撤回」は将来に向かってなかったことにする、という意味を持ちます。
政治家の不用意発言が続くが、皆撤回で済ませる。これではだめ、取り消させないと女性は産む機械は過去の発言は認めれられ、将来に向かってなかったことしするだけなのです。

ブログランキング
http://jobranking.net/44/ranklink.cgi?id=1346




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 忍者の修行・・・!?

    Excerpt: まだ残暑が残ってて・・あつ~い怜さて獵今日は・・・猫の修行だ~~~令令令牢猫も頑張ってます・・・牢牢牢会員登録無料!安心・優良コミュニティーサイト!ハッピーメールはココ!それじゃ~また明日・・・・ Weblog: アルアルオモシロドウガ racked: 2007-09-15 22:54