年金問題解決のKEYは?  …国民より党利党略の政治家VS投票率低下続ける国民意識

年金問題解決のKEYは?
        …国民より党利党略の政治家VS投票率低下続ける国民意識


立法府の国会議員の存在意義は、いかに国民の幸福追求権を実現可能にさせる法律を作るかにあるが、残念ながらご承知の通りの現状。
年金記録問題についてでは、さすがに国民の方を向き、各党必死に選挙前でもあるので議論し問題の解決に向け政策を訴えている。
これを受けて国民の投票行動は今回どう出るか。世論調査では改善傾向が伺えるが。
なにせずっと低下傾向を続ける国民性なのだから期待を裏切らないで欲しいものだ。


今回テーマになっている年金記録問題は枝葉の一分野であり、年金問題の本題は、社会保険方式か税負担か、25年絶対必要期間を短縮するか,国民年金保険料が収入多寡連動しない一律定額か所得比例かなど根幹の部分をテーマにお互いが政策に訴え、国民が評価判断しなければならない。
最近の年金騒動は、未納騒動、免除騒動、記録騒動いづれも本質から離れた部分がテーマであり、年金制度をどう良くしていくかという本質論議ではない。

昭和31年皆年金制度発足以来大きな改革といえば昭和61年の基礎年金制度導入が最初で最後。この時どの位国民的議論が交わされたのであろうか。中曽根行政改革の一環として待ったなしの実施であったのではなかったか。国政レベルの慎重丁寧な議論、そして国民がなんらかのかたちで参加し得た経過だったでしょうか。

さて政治と年金について、どうあるべきか先進国スウェーデンの例を参考に考えたい。

スウェーデンに見る政治と年金

1991年 与野党7党の幹部クラスにより構成される年金改革ワーキンググループを設置。
労働者、経営者、受給者、行政など利害関係者は全て排除。ボー・ケンベリイ座長以下純粋な国会議員だけ9人の構成。(大政党の自由党、社民党は2名、他の党は1名


年金について当初専門家の意見聴取、意見交換を経て、スウェーデンの国情に沿った新らしい年金制度を大所高所から設計していった。
①所得に比例した年金制度、②最低保障する年金制度を設ける、③経済動向に連動する制度、④みなし拠出制度の概念導入等大胆な改革が8年に及ぶ研究の末提案された


1998年4月、極めて大胆な年金制度改革ではあったが、全党が合意し可決成立した。この経過はトップダウン方式によるコンセンサスポリテックスの模範例と言われている


ドイツでも年金問題は国民の暮らし、命に関わる重要事項として政争の具にしない全党の不文律があるそうです。逆に年金審議会は、選挙による委員選出であり、コストと時間は惜しまず国民の意識を高めて年金問題に取り組んでいるとのこと。

翻って我国の例

確かにスウェーデン流の超党派年金改革ワーキンググループを倣って、我国でも設置しようじゃないかという機運が04年ごろあり、ボー・ケンベリイも招待し勉強会を超党派で行っている。
05年には年金テーマに両院議会合同会議を設置することで与野党5党が合意している。そこまでは良かったが、しかしすぐ各党の思惑が先行し、雲散霧消してしまった。我国政治らしく。


年金:医療:介護…社会保障は国家機能の最大の課題である。
攻防と迷走を繰り返してばかりの政治から正面きってこの課題に取り組み、国民に信を問う政治はいつ来るのか。政策は、行政がではなく政治が決める、それを行政は執行するのである。

投票率にみる国民意識:怒ることを示すことも出来るのに…

みんなの選挙ホームページから…
これまでに実施された国政選挙の投票率を見ると、1996年に行われた衆議院の総選挙で59.65%、1995年に行われた参議院の通常選挙で44.52%と、ともに史上最低を記録している。このとき、投票率の低さが問題となって、有権者がより投票しやすい環境を整えるための制度改正が検討された。
その結果、1997年に公職選挙法を改正し、投票時間を夜間8時までに2時間延長したり不在者投票を利用できる範囲を広げたりした。

投票率向上目指し…ある商店会の試み
我々商店会も一有権者として、このまま選挙の行かない有権者、大事な選挙権を放棄している現状を見過ごす事は出来ません。そこで、投票に行った際に行った証明書としてもらえる「投票済証」を割引券として活用した「選挙セール」を商店会で開催することを提案します。
投票に行くとお得になるという感覚で、投票に気軽に行ってもらえるように商店会が応援します。


アップさせたいとはいえここまで…
女性下着メーカーのトリンプ・インターナショナル・ジャパンは、夏の参院選を前に選挙への関心を高めようと「投票率UP!ブラ」と名付けたブラジャーを東京都内の展示会で公開した。
 ブラジャーは、銀色の光沢素材を使い、カップの下に「投票箱」と書かれた透明なポケットが付いている。本物に似せた投票用紙を多数縫い付けたショーツと、鉛筆などを入れるウエストポーチもセットになっている。トリンプの担当者は「選挙や政治を下着のように身近に感じてもらいたい」と話している


こうした投票率の低下の原因として、「政治不信」「政治に対する無関心」などと並んで、「争点がボケている」「対立軸が不明確」「政策の選択肢の狭さ」「将来のビジョンの提示の不明瞭さ」などが指摘されるのが常である。

投票率が低いのは、コンテンツすなわち中身・内容が有権者を惹きつけるだけの新鮮さ・面白さを持っていないので人は投票に行かないのだ、だからコンテンツの提供側である政党・候補者はもっと魅力的なコンテンツである争点や対立軸や政策のバラエティーを提供しなければならない、ということになる。
しかしそれでも実は国民の投票に行くいかないは自身の問題でもある。

先進国・民主主義国ではオーストラリアが投票率90%を超えている。これは棄権者に罰金を課していることが影響とされる。
先ごろ行われたイラクの選挙。この投票率が60%、我国と変わらないとマスコミも余り取り上げなかったが、命を掛けての投票であったのだ。

年金問題解決の鍵は、まさにこうした国民意識の高まりと立法府機能向上にある。この2者がチームを組み、巨大な行政府に立ち向かうしか道はない。

行政府は立法の決めた法律を執行する機関である。法律を作るには国会議員、その議員を選ぶのは国民。
年金:医療:失業:労災=社会保障の方向を決定するのは国民:国会議員の手にある
ブログランキング
http://jobranking.net/44/ranklink.cgi?id=1346

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 年金問題と国会

    Excerpt: 平成19年度の国会において年金問題が大きな論点となりました。世の中で年金問題が大きく取り上げられたことにより、国も動かざろう得ない状況に陥ったためです。そもそも年金問題は社会保険庁のずさんな管理体制と.. Weblog: 年金問題大丈夫かあなたの年金 racked: 2007-07-13 20:14
  • 年金問題は解決したのか

    Excerpt: 平成19年度国会において、年金問題は解決することはできたのか、若しくは年金問題の解決策は見つかったのか。今国会において年金問題について解決はできていないでしょう。年金記録不備問題においては国民年金や厚.. Weblog: 年金問題大丈夫かあなたの年金 racked: 2007-07-16 19:16
  • 年金問題と国会

    Excerpt: 平成19年度の国会において年金問題が大きな論点となりました。世の中で年金問題が大きく取り上げられたことにより、国も動かざろう得ない状況に陥ったためです。そもそも年金問題は社会保険庁のずさんな管理体制と.. Weblog: 年金生活パーフェクトガイド racked: 2007-07-16 23:42
  • 年金問題本当の原因

    Excerpt: 年金問題のうち年金記録不備問題はなぜ起きたのか。年金記録不備問題は社会保険庁のあまりにもずさんな年金管理だったことによるのではないでしょうか。厚生年金の年金記録については勤めていた会社名と本人の名前し.. Weblog: 年金問題大丈夫かあなたの年金 racked: 2007-07-17 19:10
  • 年金問題と参議院選挙

    Excerpt: 平成19年には安部政権で始めての国政選挙として、参議院選挙があります。この参議院選挙での論点の一つに年金問題があります。年金問題ををクリアにすることができるか、また、参議院選挙で与党、野党が年金問題に.. Weblog: 年金生活パーフェクトガイド racked: 2007-07-17 19:23
  • 年金記録問題

    Excerpt: 以前は年金については各市町村がそれぞれ台帳を持っており、それぞれに記載されていました。しかし、市町村の年金台帳ではデーターがばらばらになることから、平成9年に「基礎年金番号」制度が実施されました。この.. Weblog: 年金問題を考える racked: 2007-07-17 23:49