社会保険・労働保険39年の歩みと重みを実感     県社会保険労務士会通常総会に出席

平成19年5月29日 横浜ベイシェラトンホテルにて神奈川県社会保険労務士会通常総会:社会保険労務士政治連盟定期総会が開催された。

県内1927人の社労士の代議員として12支部から181名が参加した。

総会が始まったのは12時30分、終了したのが18時のロングラン総会。

総会と言えばシャンシャンで型どおり進行するものと思っていたらさにあらず。
23項目に及ぶ質問がだされ真剣な質疑が交わされ続いた。

今年私が参加した総会は、民生委員協議会総会、自治会総会、稲門会総会これらはいずれもボランティア活動のレベルであったが、この社会労務士の総会は自分の天職を賭けての
言わば真剣勝負の場というところが大違い。

ADR個別紛争目的価格60万円、新規適用説明会月2回開催、掲示板、倫理研修、役員任期等社労士としての職業的地位向上をめぐるもの、また社会保険労働保険本来のあり方等
勉強になる質疑であり、参加する意義ある総会であった。

来賓の国会議員秘書、関係各省庁部局から今取りざたされている社保庁解体、消えた年金記録、格差問題意など国民的課題に関わる話の挨拶があり背骨がシャンとなる内容であった。

社会保険労務士制度が出来て今年で39年目。
高度経済成長と失われた10年、日本の社会経済状況と社会保障の変遷それらに密接に
関わって来た社会保険労務士の世界:新しい第二の人生をこの世界に投じた実感をあらためて強く感じた総会への参加でした。
平塚支部からは10名の代議員が出席、私もその1員に指名されたので参加することが出来ました。学ぶことばかりの1年生ですがこの総会からの刺激を受けて今年もがんばります。


ブログランキング
http://jobranking.net/44/ranklink.cgi?id=1346


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック