アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「あたまのいい人わるい人」のブログ記事

みんなの「あたまのいい人わるい人」ブログ


寺田寅彦の言う「あたまのいい人あたまの悪い人…科学者は同時でなくてはならない

2016/07/31 12:53
講談社発行  寺田寅彦著セレクション343ページ

昭和8年10月刊「物質と言葉」=科学者とあたま

あたまのいい人=脚の速い旅人=人より先に行きつけることが出来るが、道端にある肝心なものを見落とす恐れもある

あたまの悪い人=脚ののろい人=人からずっと遅れるが訳もなくその大事な宝物を拾っていく場合がある

あたまのいい人=見通しが利く=前途の難関を見渡せる=ややもすると前進する勇気を阻喪しやすい

あたまの悪い人=前途に霧がかかっている=楽観的になる=難関に遭遇しなんとかどうにか切り抜けていく

頭のいい人=他人の仕事の荒が目に付き易い=他人がおろかに見える=従って自分が誰よりも賢いという錯覚に陥りやすい=向上心に緩みが出る=進歩が止まってしまう

あたまの悪い人=他人の仕事がみな立派に見える=偉い人の仕事でもやれそうに見える=自ずから向上心が刺激され挑戦してみる

あたまのいい人=せっかく骨折っても結局大した成果はないと見込みをつけれる=着手しない

あたまの悪い人=そんな見込みも立てれないのでつまらないことでも我武者羅に仕事に取り付く=予期しなかったような重大な結果にぶつかることもある

科学者になれない=自分が利口だとあたまがいいと思う人は人間の頭の限界を力の理解して大自然の前に赤裸々に自分を投げ出して、ただただ自然の大直接の教えにのみ傾聴する覚悟があって始めて科学者になれる
観察、分析、推理、の正確周到を必要とする=あたまが悪いと同時に頭がよくなければならないのである。

科学者にありがちな錯覚=科学が人間の智恵の全てであると考えてしまうこと=科学は知致の一部に過ぎない=ソクラs¥テス、老子、芭蕉、広重の世界の存在も事実である。科学ばかりが学のように思い上がる、

人間は過誤の動物である。
冨士はやはり登ってみなければ分からない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「あたまのいい人わるい人」ブログ

年金・医療・失業・労災困ったときの助かるブログ あたまのいい人わるい人のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる