アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「バリーモダンアウラ」のブログ記事

みんなの「バリーモダンアウラ」ブログ


生前葬の司会進行は本人が…10年後の再会を誓ってお開き…初めて出席した生前葬はらしく賑やかな宴だった

2016/10/31 09:03
平成28年10月23日日曜日12時から午後3時まで洒落たイタリアレストランで大学の校友仲間T氏の生前葬が開催された。

服装は? 香典なのかお祝いなのか?  招待された仲間は一様にうれしい困惑?

珍しい生前葬―その一部始終を報告する。

@招待状→特になかった。

本人から直接貰ったお店の案内パンフに開催日、時間がボールペンでメモ状に書かれていた人や電話だけのメンバーも。
会合の際出てよと口で言われただけの方もいる。
…色々な招待仕様だったようだ。


A服装
→各自思い思いの服装でした。

黒の上下、ネクタイで決めていた方
我々は普通にレストランに行くような際のブレザー仕様。
NOネクタイが多いがブレザーにネクタイの方も数名
女性はお出かけ仕様に決められてがほとんど。


B受付と参加費→本人感謝の集いの会だから参加費は無用と主張されていたが、受付が設けられていて出席者名確認とお祝い金も受領されていた。

我々は連名でお祝い仕様で包んだ。



C参加者構成→本人が感謝する人生の足跡・関わった恩師・上司・同僚・友人集大成版

">○小学校時代の恩師(90歳代で矍鑠とされていた)・友人

○A=中学校時代の友人

○B=高校時代のクラブ仲間

>;○C=大学時代の学部同窓生


○D=勤務先クラブ仲間

">○E=大学OB校友会仲間


○F=友人、近所の友人

以上本人が歩んできたコースのポイントポイント時代の友人、一目で彼の足跡が伺われる方々約100名だった


</span>">;D進行、宴の内容→即席であったが指名された方々さすがにスピーチは面白く感じ入った

本人が司会、進行
  自分を育ててくれた、お付き合いいただいた皆様への感謝の宴の趣旨が開会の言葉

元上司の彼を称える挨拶と音頭で乾杯

上記本人の歩み各時代コース順に代表者が指名され、本人巡る思い出を披露
悪童振りを報告しながら実は本人の優しさや実行力、スケールの大きさを褒めた内容が多かった


>;◇約100名の参加者の名簿が印刷され、各コース毎のテーブルにセットされていた.

▽お料理はイタリアンのコース  ビールだ乾杯  小生は赤ワイン専門にした


○このイタリアン専門店オーナーは日本料理店で成功し、ここに別荘を建てた。
その別荘を改築しお洒落なイタリアン専門店化。

 遠く相模灘の海を見ながら松林に囲まれた佇まい…いい気持になるのは必定…面白い「生前葬、改めて彼の人生に乾杯したくなる。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「バリーモダンアウラ」ブログ

年金・医療・失業・労災困ったときの助かるブログ バリーモダンアウラのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる