アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「三好徹のゴルフ」のブログ記事

みんなの「三好徹のゴルフ」ブログ


パー4 395ヤード  2打目残り195をさあどうする? 中部銀次郎ゴルフの神髄はアイアンだった

2016/09/23 10:19
日本文化出版発行 中部銀次郎著「もっと深く、もっと楽しく」381ページ


パー4  395ヤード
第一打はドライバーで200ヤード地点へ!
よーし残り195だ
さあどうする?
ここからが…

中部は勿論アイアンで残り40 花道に運べと言う。

スプーンで2オン狙いは彼のゴルフではないとのこと。
ゴルフをやるからには少しでもスコアを縮めなくてはならない。
趣味ではあってもゴルフをプレーするからには進歩が欲しい。

スプーンを選ぶほうが消極的であり、アイアンを取り出すほうがよほど勇気を要する積極策なのだ。
これが中部ゴルフの神髄。
自分の技術の冷徹な分析を基にして、最も確率の高いゲームの進め方を組み立てていくべきなのである。


ゴルフは数字のゲーム、その数字を競うゲーム展開の中で、どんな状況が一番数字をロスするか?   
テイショットミスが一番大きい、2打目にも連鎖するからだ。
精神的奈あせりからだ。このミスをどう防ぐかが最重要になる。
地形を良く見て安全地帯にどう運ぶか。
正しい場所に正しい姿勢で立つ。最初の大課題である。

アドレス=自然に立つ。
でもボールを前にすると自然に立てなくなる。

リズム=歩き方が良いから名手になれる。
歩くリズム=スイングリズム 駆け出さないこと。

ボールの行方から目を離さない。
到着までに対策を練る。ミスはつきもの。
最悪の事態への心の準備。
それがゲーム設計。

2メートルのパット=外すとボギー派かねじ込むと連続パー派の天地の差=+思考が結果を決める。
精神集中、目標達成への没頭。

素振りでは滑らかなのに、何故狂う。→思考、欲望が体のバランスを乱すからだ。スイング自体が頭の中の問題なのだ。勝敗は精神の強弱で決まる、

スイング2焦点
テークバックで右腰がアドレス地点より右へずらさない
頭は動かさない=軸をぶらさない


ゴルフの質を高めたい→練習により気持ちを強くして、ゲームの中で練習の時と同じスイングが発揮されるようするしかない。
不断の練習。自信は絶えず練習しゲームに出てね燃焼し緊張の中から生まれ出て掴み取るものだ

最大の敵は、自分の思考力にある。
心配は限りなく発生し欲望も出る。ミスはここから始まる。


無心に。
機械になれ。
しかし人間であり機械にはなれない。ではどう克服するか。
それが練習だ。
コースを減らし練習場に行け。
ずっと大きな発見がある。
そして思考のコントロールである。
技術よりものの考え方によっている。
欲望が最後の最後に出てしまう。
ゲームの進め方を考えるのは無限である。
ゴルフは誠に奥が深く、また奥が深ければ深いほど楽しみも増すものである。
ゴルフをもっと深く知りたいと思う。

日本経済新聞社発行 三好徹著「中部銀次郎のゴルフ哲学」211ページ

心技どちらがスコアに関係するか?  
問題なく心の持ち方次第である。
心構えにより100は切れるのだ。70%は心。30%が技術でスコア作る。

1メートルから1メートル半を徹底的に練習した。
パターを芯で打つ練習は自宅でもやれる。雑にしてはいけない。
ストロークの大きさで距離調節


メンタル強化法=スコアカード2枚用意。2枚目にミスを記録。
ラフ×、バンカー×、悪かったショットはどこで生じたかが目的。

ボギーを取れなかった原因を知り次回の対策に繋げ修正する。
パーは宝くじみたいなもの。アマにとってボギーで上がる方がよほど大切。
パットも必ず記録せよ。

無心にスイング、ボギー叔父さんが待ってるよ。

                             


東邦出版発行 児玉光雄著「中部銀次郎の言い分」189ヤードではない189ページ

スポーツ選手の心理分析の第一人者が中部ゴルフをメンタルから著述

自宅で10分間1メートルのパット練習を日課にせよ

東邦出版発行 児玉光雄著「中部銀次郎の言い分」189ヤードではない189ページ

スポーツ選手の心理分析第一人者が中部ゴルフをメンタルから著述

自宅で10分間1メートルのパット練習を日課にせよ

真剣にだ。
淡々とプレーする心の鍛錬になるから。

アプローチは低く転がせ。
練習の55%はアプローチにまわせ。

難しいクラブを中心に練習
克服しがたい難しいクラブを練習場では選択しひたすら打ち込む
コースではやさしいクラブ、より安全なクラブを取り出す
難しいクラブはバックにさえ入れない

練習場では右、左、前後など目標を変え繰り返し練習せよ 知的練習

コースではちょろでも感謝の心。
運の悪さも楽しめ。
リラックスと集中のバランス、メリハリ。

プリショットルーティーンを洗練させよ

念仏せよ=私は確率を重視します、私はボギーでラウンドに全力、私はセンターオンリーに集中 どこでもどこからでも。

スコアに飢えよ、こだわれ。それが進歩を生むから。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「三好徹のゴルフ」ブログ

年金・医療・失業・労災困ったときの助かるブログ 三好徹のゴルフのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる