年金・医療・失業・労災困ったときの助かるブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 貰えるのに貰わなかった夫に代わり妻ももう少しで貰い損ねるところ貰えた寡婦年金

<<   作成日時 : 2016/07/21 09:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


社会保障相談室126


夫は満61歳で亡くなり、私は遺族厚生年金を受給してます。
夫の厚生年金期間は160月でしたので遺族年金は年間約28万円
これだけでは少ないので私の老齢基礎年金を繰り上げる考えでした。

しかし夫には貰えるのに貰わなかった年金がまだあるそうですが、私が代わって貰えないでしょうか。
繰り上げとどっちがどうでしょうか?

回答

繰り上げより亡き夫の形見でもある寡婦年金が支給されますのでこれを優先して得してください。

亡き夫は満61歳で亡くなったので国民年金老齢基礎年金を請求出来ずに亡くなりました。
国民年金保険料納付期間が280月分ありますので満65歳から老齢基礎年金が支給されるはずでした。

遺族厚生年金はこの国民年金期間280月分と厚生年金期間160月を合計すると300月を超えるので厚生年金期間160月で遺族厚生年金が受給出来たのです。

この遺族厚生年金を受給した妻であるあなたは、亡き夫の満65歳からの老齢基礎年金受給しなかった代わりの死亡一時金か寡婦年金を請求出来るのです。

よくあるケースで遺族厚生を貰ったので国民年金分の貰い損ねですね。
せっかくの亡き夫が頑張った国民年金納付実績。

ぜひ、しっかり貴女が代わって夫の分を満60歳から満65歳になるまでの5年間寡婦年金として受給してください。
その後満65歳から老齢基礎年金を通常に受給してください。
繰り上げると早く貰える代わりに減額が厳しいですから…長い今後はぜひ通常の基礎年金受給で行きましょ
う。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
貰えるのに貰わなかった夫に代わり妻ももう少しで貰い損ねるところ貰えた寡婦年金 年金・医療・失業・労災困ったときの助かるブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる